鍼灸整骨院あおてあ 八潮市で鍼灸施術、交通事故施術なら

平日夜九時まで、土日祝日営業 自律神経の乱れ、更年期障害、頭痛、肩こり等でお悩みの方、交通事故に遭った方が多数来所。八潮駅徒歩10分駐車場完備


テーマ: ブログ, 体のこと

営業時間等はこちら

 

ピエール瀧さんのコカイン使用について話題になっていますね。

 

もちろん、禁止薬物の使用や所持はダメです。良くないと私も思っています。

 

しかし私の見解では…今のような袋叩きのような状態ってちょっと異常に感じます。

 

そもそも…誤解を恐れずに言うと薬物を使用していた事に関してはピエール瀧さんは誰にも迷惑をかけてないのです。

 

もちろん、購入した事により反社会的勢力の資金源になっているなどの弊害はあるかもしれませんが…

 

元アイドルの方の様に飲酒運転して人を傷つけてしまったわけでもなく、ただ自分で使用していただけです。

 

コカインを吸って暴力的になり誰かを傷つけたり、暴れて迷惑かけたりというならわかりますがそうではないのです。

 

もちろん、発覚し逮捕された事により収録されていた映画テレビ番組等の関係者に損害を与えておりますが…

 

それとは混同せずに、私はピエール瀧さん自身の使用に関してのみに言及しております。

 

今までしてきた仕事に関しても、NHKの大河ドラマいだてんのDVD収録分を差し替えるとかいう話になっていますが…

 

収録した分はそのまんまでいいのではと思いますね、ほんとに。

 

齋藤工さん主演の映画はそのまま公開となりますが、それで良いと思います。

 

作品は作品ですし、そもそもハリウッドスターなんか薬物使用者が少なくありません。※だから良いという訳ではありません念のため

 

ある放送局では今回の事件を受けて、ピエール瀧さんが出演する映画を放送予定だったのを洋画に変えたそうです。

 

しかし、その洋画は薬物の乱用で亡くなったリバーフェニックスさんの映画だったとか(笑)

 

リバーフェニックスは良くてピエール瀧はダメなのかという話ですよね…

 

近々の出来事だから、ほとぼりが冷めるまで放送しません…皆が忘れた頃に放送しますって感じですかね。

 

作品は作品だから、薬物逮捕問題とは関係ない!と毅然とした態度で放送してほしかった気もします…

 

ただ…この日本の薬物に厳しい部分は世界に誇る良い事だとは思っています。

 

ヘロインやコカイン、MDMA、覚せい剤などの合成麻薬は依存性が強いので取り締まるべきだとは思います。

 

体を蝕んだり、労働意欲を無くしてしまうようなものは国家にとってマイナスになるからです。

 

私は各国を旅していますが、国によっては薬物を使用しいい大人が昼間から路上でたむろしてゴロゴロしている貧しい国々を見てきたのでそう感じるのです。

 

だからと言って、薬物=悪い物と短絡的に考えるのもよくないと思います。

 

最近、カナダ、韓国、タイでも解禁されている医療用大麻などは症状によっては薬物療法よりも有用だったりしますし…

 

激痛を伴う末期がんの患者さんに、楽に余生を送ってもらうために薬物を使う事が間違っていると思いません。

 

TPOに合わせて使えば人の役に立つものなのです。

 

お酒だってある面では、禁止薬物くらい危ないものだと思います。

 

アルコール中毒になったり、酔っ払ってケンカになったりセクハラしたりという事件は日常茶飯事です。

 

でも、節度をもった人間が嗜めば楽しくなったりリラックスしたり有用なものなんですね。

 

この問題に限らずテレビから得る情報だけではなく、皆さんにはスマホやパソコンを使って調べてもらいたいなぁと思います。

 

私がなぜこのことについて書こうと思ったのかというと…

 

最近医療機関のみで販売できる、大麻由来のサプリメントの販売を開始したからです。※もちろん税関を通した合法の成分のものです。

 

このサプリメントの代理店になって色々勉強しているうちに、薬物依存症を克服しようとしている当事者・家族の記事を読みました。

 

薬物問題を理解してもらえないタレント御三家

 

この尾木さんの発言はいつもきれいごとばかりで首をかしげる事が多いです。

 

教育学者のくせに底辺校やそこにいる子供たちの実態を見てないのかと思わされる事も多いです。

 

薬物問題に関しても的外れな事を言っています。

 

僕は朝の情報番組や昼のワイドショーが嫌いです、特に学者以外のコメンテーターが嫌いです。

 

何故なら、そういうコメンテーターの類はなんでも訳知り顔で、知りもしない分野の事でも主観だけで話をしてしまい…

 

自分で考えること、調べる事ができない人間の思考に影響を与えてしまうからです。

 

お笑い芸人やタレント、歌手は専門外の事でニュースで語るべきではないと感じます。

 

欧米のニュース番組にコメンテーターなんかいませんし、ニュースはニュースを伝えるプロが…

 

解説はそのニュース専門の学者がやっていますしそこは見習うべきだと感じています。

 

今はネットが発達しているので真実を知るのが容易になりました、もちろん嘘の情報も多数混じっているので…

 

どこまでが本当かという、検索スキル、情報を取捨選択できる能力が必要になりますが…

 

欲しい情報を即座に見る事ができる、本当に良い時代だと思います。

 

インターネットのテクノロジーは過去には一部の人間しか知る事のできなかった情報にアクセスすることができるのです。

 

頭が悪い人間が使うと、バカッターのような炎上動画を投稿したりLINEでいじめが発生したりとしてしまいますが…

 

なんでも使う人間次第なんだと思います。

 

一部テレビやマスコミの言う事を鵜呑みにせず、ネットや文献を読んで皆さんに興味をもって調べてもらいたい事の一つです。

 

また、時間があるときにこの話題について書きたいと思います。