鍼灸整骨院あおてあ|八潮市大瀬

平日夜九時まで、土日祝日営業 肩こり、腰痛、自律神経の乱れ、更年期障害、頭痛等でお悩みの方、交通事故に遭った方が多数来所。八潮駅徒歩10分駐車場完備


テーマ: 体のこと, 整骨院関係

当院のメニュー等はこちら

 

寒くなってきましたね~

あっという間に11月です、年末に入ってきて皆さんお忙しいのか…

最近暇です(笑)

少し前まで特に当日予約はほとんど取れなかったのですが…近頃は空きが増えてきました。

当院も今月で開業から10年目に突入しますが…こういう事って度々あるんですね。

こういう時は、普段できない事をやったり学びの時間にする事にしております。

 

さて、最近好評なのがお灸の施術。

実はワタクシお灸よりも鍼メインで施術してきましたが…

ここ数年お灸の効能を見直して使う事が増えました。

TPE00027

冷え性、肩こり、腰痛、足のむくみなどはもちろん

特に自律神経疾患の方、鍼の後温灸で施術すると明らかに反応が違うんですね~

あと鍼が苦手な方やお子さんにも使う事があります。

最近では目の周りにお灸をすることで目の周りのクマや眼精疲労にアプローチしておりこちらもかなり好評をいただいております。

 

当院では、昔ながらのもぐさも使用する場合がありますが写真のような筒状の台紙の上にお灸を燃やす方法をとりますのでやけど等の心配はありません。

状態によっては刺した鍼の上にお灸を付ける場合もあります。

 

ご希望の方は鍼灸部分施術コース、ベーシックコース、トータルケアコースでご予約ください。

 

 

 


テーマ: 体のこと, 整骨院関係

当院ではできるだけ良い環境で施術を受けていただきたい為、定期的にエアコンの清掃をプロの方にお願いしております。

 

TPE00064

市販の洗浄スプレーを使っているなんて人もよくいますが…

 

あれは手前の熱交換機はキレイになっても、奥の方や中で回っているファンについた汚れやカビは落とせません。

 

良いニオイがするのでキレイになっている気はすると思いますが根本的には汚れが落ちないんですね。

 

あとはお掃除機能がついているから平気と言う方、あれは大体フィルターを自動で掃除するだけのもの…内部までは掃除してくれません。

 

フィルターなんかマメに自分で掃除機で吸い込めば良いだけなので、私は基本的にお掃除機能付きのエアコンは買いません。

 

また、お掃除機能付きのエアコンは外すのに手間がかかるので、業者さんにクリーニングをお願いした時に追加の料金がかかるんですね…

 

あれは本当に無駄な機能だと思います。

 

ただしそんなの気にしないというお金持ちの方なら良いと思います。

 

エアコン内部はメンテナンスをしないとホコリ、ダニ、カビだらけになります。

 

それを使い続けていると、毎日それらを吸い込み暮らすことになります。

 

原因不明の咳が出る方、何故か具合が悪いという方実はエアコンが原因かもしれません…

 

巷では、コロナウイルスに過剰におびえている方が少なくないですが… 過剰に怖がるならその分エアコンに気を配った方が良いのではないかと私は考えます。

 

掃除代なんてたかだか1~2万円程度です。高いと思うか安いと思うかはその人次第ですが、それで健康でいられるなら安いと考えられる思考でいたいものです。

 

ちなみに、業者さんに聞いたら夏前が一番忙しい時期だそうです。なのでできるだけその時期は外した方が良いと思います。

 

以前、独立前に私が勤めていた多店舗展開していたお店では、エアコン掃除を全く行っておらず…上の人間に進言してもエアコン掃除の予算はおりませんでして…

 

なので私は配属される店舗すべてを自分でブラシ等を使ってできる範囲を掃除しておりましたが…

 

どの店舗も土のようになったカビが大量にでてきて、仕上げにファンを回すと自分の体にカビが飛び散ってきたなんて事もしばしばありました(笑)

 

社員研修と称し、沖縄に行かせてメシハラする等そういう無駄な事にはお金を使う会社だったんですけどね…

 

もちろん悪い事ばかりではなく、良い部分も沢山あった会社ですが…

 

まずお客さんやスタッフが健康でいられる環境づくりにお金を使うべきだと常々思っておりました。

 

私が退職後はその会社も縮小傾向みたいです。

 

神は細部に宿るそれを忘れてはいけませんね。

 

ではお大事にどうぞ~

 

 


テーマ: 整骨院関係

9月の四連休からすっかり、外出できるムードになりました。

皆さん色々なところにお出かけしているようです。賛否両論あると思いますが、新型コロナももちろん怖いのですが観光業サービス業の方々は本当に辛いと思いをしていると思いますので感染予防して出かける分には良いのではと私は考えております。

TPE00057

さて、外食や旅行にいって、子供がじっとしていられなくて走り回りそれを見て見ぬふりする親、しかりつける親両方多くみられますよね。

私は就学前の子供を飲食店や旅行に連れて行くのはかなり酷ではないかと思っています。

もちろん、子供によっては大人しくしている子もおりますし、自家用車や個室のレストランなど自由に暴れられる(笑)環境を整えてあげているなら良いのです。

走り回る子供を無理に制止させようとすると、奇声を発したり泣きさけんだりしますが…

あれって子供にとって物凄いストレスなんですよね。

なので、子供が小さいうちは無理をせず自宅でテイクアウトしたものを食べるとか、旅行に行くなら車でいくなりした方が良いのではと思います。

私も子供がおりますので、小さい頃は車で出かけたりしましたが…なんだかんだ言って近所の公園で遊んでいる方が楽しんでたりするんですよね(笑)

沖縄便なんかに乗っていると、そんな子供連れて行っても覚えてないだろうに…というような親子連れがおりますが…あれは止めた方が良いのではと。

親だって楽しめないだろうし、子供も辛いだけです。数年経てば自分のことは自分でできるようになりますから、それから行った方が絶対楽しいですよ。

SNSで旅行写真をアップしてママ友にマウントとりたいという気持ちはわからなくもないですが(笑)

無理に旅行や外食につれていく私は一つの虐待だと思っています。※あくまでも私の考えです。

もちろん気質的にじっとしているのが苦じゃない子供もいますし、帰省や引っ越しなどやむを得ない事情もありますので、沖縄便に乗っている小さい子連れの親が全て悪いとは思っていないのですが。

 

子供ファーストで考えていきたいものです。

 

さて、前置きが長くなりましたが。

当院では小さいお子さんを待合室に待たせての施術をお断りしております。

①前述したように子供にとってじっと待つのはストレスであること

②親がゆっくりリラックスして施術を受けるのが困難なこと

③当院は鍼灸を使用する施術所のため、それらを勝手に触られるとケガをする危険があるため

④子供がうろうろしていると私自身が集中して施術ができなくなり良い施術ができなくなるため

上記四つの理由によりお断りしております。

 

八潮市内でも受付がいて、キッズスペースがあるような施術所もありますので。

どうしても子連れでという事であればそういう所に行った方が良いでしょう。

当院ではこのようなスタイルで営業しておりますので、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

 


テーマ: 整骨院関係

健保で慢性疾患をみて欲しいという方からの問い合わせが週末は特に多くなります。

 

今まで通っていたところでは大丈夫だった、などと言う人がいますが…

 

こちらに言われても困るんですよね(笑)うちはルール通りやっているだけなので、そういうことは保健所か厚生局に不正利用している接骨院を通報しましょう。

 

ただ、勘違いさせてしまっているのはこの業界に巣食う悪い人間達なんですけどね。

今までなあなあでやってきてしまっているので、健康保険の不正利用が常態化してしまってるんですよね。

何度かブログ上で説明をしているのですが、もう一度記載したいと思います。

 

できれば当院に限らず、施術をご希望の方はしっかりとホームページを読む事をおススメ致します。

ルール通りやっている院は大抵健保について説明がなされておりますので…

あとは、病院やクリニックでは大抵の疾患は健保でやってもらえるので健保にこだわるなら医師に診てもらうのが一番です。

慢性疾患で健保受けたいって人は、大体当院の自費の値段を聞いてきますが、それでお願いしますと施術を受ける方は本当に少ないです。

どうしても健保って人は、自分の体にお金を使いたくない人が多いんですよね。

自費メニューはそれなりにお金もかかりますが、その分しっかりとした施術を受けられるんですけどね…

ただ、お金に対する価値観は人それぞれ、500円で施術を受けていた人は10倍する5,500円の施術を受けるのはハードル高いのかもしれませんね。

申し訳ありませんが、当院はその価値を感じて納得して来てくださる方がいればいいんです。

そうじゃない方は、申し訳ありませんが他に合った院があると思いますのでそちらに行かれてください。

以前も、色々文句を言われたりしたこともありましたが大抵は当院のスタイルと患者さんが求める事のミスマッチによるものです。

これは本当に不幸なんですね、どちらが正しいというわけではないのです。

看板は同じ接骨院整骨院を掲げていても、それぞれスタイルがあります。

八潮近辺の先生は若い先生を中心に、マジメに自費施術をやっているところが増えてきた印象があります。

なので院選びはしっかりとホームページを見てその先生のスタイルに合っているかどうか見極めた方が良いです。

 

接骨院整骨院の健康保険利用

日常生活やスポーツ等のケガによる痛みがある方が対象になります。当院では受傷後約二週間以内のもの

骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷(肉離れ)が対象になります。※骨折、脱臼は初回の整復は処置が認められておりますが、リハビリは医師の同意が必要

肩こり、腰痛などの慢性疾患は適用外となります。※ぎっくり腰などの急性腰痛は可

又、個人事業主以外の仕事中や通勤途中に発生したケガに関しては健康保険は利用できません、労災扱いとなります。

会社に気を使って労災を使いたくないという方は自費で施術を受けていただきます。

※業務中、通勤途中のケガは労災を使うべきだと思っております、労働者の権利でありますし雇用主の義務であるからです。

 

鍼灸院の健康保険利用

次の病気については医師の同意の下、鍼灸で健康保険がうけられます。

  1. 神経痛…例えば坐骨神経痛など。
  2. リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
  3. 腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。
  4. 五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
  5. 頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
  6. 頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

その他これらに類似する疾患など。

患者さんの保険取り扱い手続きは次の手順で行って下さい

  1. 先ず、当院にお問い合わせ下さい。その際保険証の種類をお伝えください 例 国保、社保、健保組合、共済組合等
  2. その後当院へ「同意書」と云う用紙をもらいに来て下さい。※当院からの紹介状又は依頼状もお渡しします、文書料として1,100円いただきます。
  3. 同意書を、日頃治療を受けておられる医院、病院等に持参されて必要事項を記入して戴いてください。かかりつけ医がない場合は当院でご紹介し紹介状をお渡しします。
  4. 記入済みの同意書、保険証と印鑑を当院に持参して頂ければその後の手続きは、鍼灸院で行います。

注意事項

鍼灸の保険適用につきましては、次ぎの事項にご留意下さい。

  1. その病気は、先に医師の診察を受けていること。
  2. 保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療は受けられます。
  3. 同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生がよいです。
  4. 最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、6ヶ月毎に再度、同意が必要です。再度の同意は再同意書に記入してもらいますのでその都度当院から用紙をお渡しします。
  5. 保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので鍼灸院にお問い合わせ下さい。

 

向いている方 軽く短い施術でも継続して頻繁に安価に施術を受けたい方、上記の手間が苦にならない方、良いかかりつけ医がいる方(整形外科医以外でも可、いない場合は当院でご紹介いたします)で三か月に一度は病院、診療所に行く方

 

向いていない方 医師の診察を受ける時間がない方、お金がかかっても一回の施術をじっくり受けたい方、健康保険証を持っていない方、週一回ほどしか来院しない方、時間に余裕が無い方

 

※一部、企業の健康保険組合の保険証の方は、健保組合が受領委任払い(当院が健保組合に治療費を請求する方法)が断られることがあります。

健保組合の保険証の場合は患者様に10割負担していただき、当院で作成した書類を健保組合に患者様自身に出して保険分を請求していただく形、償還払いという手続きになります。※平成31年1月1日からはりきゅう保険の受領委任制度が導入されるので企業によっては受領委任払いが可能になる可能性があります。

 

当院では積極的におススメしていません。何故ならば、保険療養費は驚くほど安く値段に合った施術しかできないからです。(軽い鍼灸のみ、手技はなし)保険内ではできる事が限られてしまいます。又、数回も来れない方がわざわざ医師の診察代を出した上で保険で鍼灸を受けるメリットが金銭的にも時間的にも少ないからです。昨今の少子高齢化社会により医療費が圧迫されており健保組合などは償還払いにしても患者様にお金が戻ってくる保証がない為です。ですので、基本的にかかりつけ医がいない方は自費でしっかりとした施術を受ける事をおすすめします。

 


テーマ: 体のこと, 整骨院関係

他院に行った患者様が、そこの若い施術者に『一緒に頑張りましょう』と言われて気持ち悪かったと言っていました。

 

まあその人の受け取り方次第なので、はい!頑張ります!と元気づけられる人もいると思うので否定はできないのですが…

 

私はそう言う事言えないです、何か小っ恥ずかしくて(笑)

 

ただ、確かに週一回ベッドの上でされるがままに施術を受けているだけでは良くならないのは事実。

 

一週間で168時間、週一で一時間ほど施術をうけても167時間の過ごし方ってある意味施術を受けている時間より大事です。

 

『施術を受けた直後は良かったけど元に戻った』『全然変わらない』など言う方もいます。

 

確かに、私の技術不足な面もあるかもしれません…

 

ただ、私と一緒にいなかった167時間で指導した通りに生活してくれましたか?とも思います。

 

そういう意味では、患者様もがんばらなきゃいけないんですね。

 

最初に、色々カウンセリングする際にこちらがした質問と違う事ばかり答える方がいます。

 

自分が話したい事が沢山あるんですね。何十年も前の怪我の経験から話だし…今の症状に行きつくまでに数分かかる方。

 

自分の感覚が全てだと思っているのかその人独自の医学を語る方もおります。

 

ただ、話を聞くのも施術のうち自分の思いを聞いてもらいたいという欲がある方もいるので、遮らずにとことんしゃべってもらいます。

 

話すことによって精神的に楽になる側面もあると思っておりますので。

 

ただ、健康保険で診療しているお医者さんや医業類似行為を行う施術所の先生はそこまで話を聞いてくれません。

 

何故かというと単価がものすごく安いから人数をこなさないといけないんですね。そうすると一人一人に時間をかけていられません。

 

当院は外傷以外は自費施術を行っているので、値段もそういうところよりは高いですがカウンセリングに長く時間をとれるので基本的に話は遮りません。

ただ、長々と話をする方に限ってこちらの話は聞いているのか聞いていないのかわからない事が多いです。

 

例えば、肩こりがある人が…私足首捻挫したことがあるので足首から来てるんですかね?と全く関係なさそうな事を関連付けたがる方がいても基本的には否定しません。

 

もしかしたら間接的に関係しているかもしれませんが…普段の姿勢をこうした方が良いですよなどと指導しだすと自分の考えを否定された気持ちになって面白くないのか全く聞く耳を持ってくれないのです。

 

不満そうな顔をしているので『なんで足首が肩こりに関係していると思うんですか?』と聞くと『素人だからわかりません』という本末転倒な答え…

 

正直、不満そうな方にそれ以上突っ込んでも無駄なので言いませんが、お金をいただいている以上はちゃんと指導しなければいけないので最低限の注意点は説明します。

 

ただそういう不満そうな顔をしている方は説明をしても大抵相槌も打たずにいるので、ほとんど伝わっていないと思いますし恐らく普段の生活でもそれをやる事はないでしょう。

 

反面、意外にも経営者の方とか、会社で出世されている方って年配の方でもちゃんと話を聞いてくれて実践する方が多いですね。

 

私は施術家はサービス業的な側面を持っている事も理解はしていますが…

 

ポリシーとして、体を今よりも良くなってもらう事を第一としてますので患者様の耳が痛い事も遠慮なく言います。

もちろん私にも生活がありお金は必要なので、長く回数を来てもらいたいなら自分でできるケアなど指導せずにチケットを売って来てもらえばよいのですが(笑)

利益ばかり追求するのは違うと思っています。最終的には自分でケアできて、施術所に来なくてもいい体になってもらうのをゴールとしてますので多少厳しい事も言う事があります。

ただ、そのスタイルが気に入らない方もいると思いますのでそういう方は、ニコニコ愛想が良くて一緒に頑張りましょうと言ってくれるような施術所に行かれた方が良いと思ってやっております。ただゴリゴリにチケットや回数券を営業してくる所もあるようですが(笑)

そういう先生は先生で、正義があってポリシーをもって努力されていると思いますのでそれが悪いという訳ではないので悪しからず。

 

つまるところ人間合う合わないあると思っているので、無理に付き合う必要もないのです。

 

ミスマッチはお互いにとって不幸ですので、このスタイルに理解がある方だけが来ていただければよいと思っておりますので何卒宜しくお願い致します。

 

体の不調を今よりも良くする為なら自分でも努力できる方には最適な施術所だと自負しておりますので、そういう方にはおススメできます(笑)

 

 

 

 

 


テーマ: 体のこと, 整骨院関係

表題の件、いまある医師のツイートがネットで話題になっています。

膝が痛くて接骨院に何ヶ月も通ったが治らなかったという高校生、実はとある病気だった「最初は絶対に医師の診察を」

 

これは起こりうることだと思います、表に出ていないだけでこういう事は間違いなく沢山ありますね。

 

当院では原因がわからなくて痛みがある場合は病院に紹介状を書いて対診をしてもらうのを原則としています。

 

接骨院整骨院を営む柔道整復師の中には整形外科医に対して敵対視している人間も少なからずおり。

 

病院に行ってもレントゲンとって湿布と薬しか出さないなど文句を言う人がいます。

 

患者さんが言う分にはまだわかりますが、医療従事者として口にしてはいけない事です。

 

整形外科医は6年間の医大での勉強のあと実習をし柔道整復師とは比べ物にならないくらいの知識があります。

 

レントゲン、CT、MRIという最先端の画像診断装置も使えますし、私は柔道整復師の手に負えない場合はお願いすべきだと考えています。

 

確かに、接骨院なんかに行くなという頭から毛嫌いしている医師もおりますが…

 

私はこのような誤診の上柔道整復師の範囲外の疾患を続けて悪化させたような人間がいるので仕方がないのかなと思っています。

 

当院では信頼できる整形外科医を紹介できるので、原因が明らかでない痛みの場合は必ず医師の診察を受ける事を勧めます。

 

ただ、いくら紹介状を書いても本人が行くか行かないかというのは自由なのでそれ以上は強制できませんが。

 

以前も首の痛みで他の整形外科に行ったが何も問題ないと言われたと当院に来た患者さんがいました。

 

色々お話を聞いているうちに、疑問がわいたので当院でいつもお世話になっている整形外科医の先生に診察をお願いしたら…

 

OPLL後縦靭帯骨化症という難病でした。

 

これをマッサージしたりすると危険なのですが、知識が浅い接骨院整骨院では普通に施術してしまうのではないかと思います。

 

信頼できる整骨院接骨院の見分け方として

 

すぐにベッドに寝かせるところはダメです、ちゃんと話を聞いてくれて各種徒手検査をするところを選んだ方が良いでしょう。

 

医師の文句を言ってしまうところも止めた方がいいでしょう。

 

私はわからない事はわからないと言いますし、できない事はできないとハッキリ言います。

 

癌も治せるなんて豪語しちゃうとんでも鍼灸師の話も聞いた事がありますが…

 

エビデンス(医学的根拠)を重視しちゃんとリスクを説明した上で納得して施術を受けてもらいます。

 

また整形外科医だけではなく、信頼できる内科医、皮膚科医も紹介できます。

 

柔道整復師だけではなく、鍼灸師、あんま指圧マッサージ師なんかも医師としっかり連携がとれる院が望ましいですね。

 

色々な医師がいるので問答無用で拒否されてしまう場合もありますが、誠意を持ってお願いすれば受け入れてくださる医師もおります。

 

これから開業する人なんかは医師への手紙くらいはちゃんと書けるようにしておいた方が良いと思います。

 

ではお大事にどうぞ

 

 

 

 

 

 


テーマ: 整骨院関係
当院はゴールデンウィーク中も休まず営業致します。祝祭日は日曜日と同じ18時までとなります。
他人との接触を避けるため予約は普段よりも余裕を持って予約を入れておりますので、前日以前のご予約が非常に助かります。
5月1日金曜日、2日土曜日 21時まで
3日日日曜日~6日水曜日 18時まで
※5日火曜日は定休日となります。
また来院、施術中はマスクの着用をお願いしております。

この様な事を言うと非難されるかもしれませんが…

新型コロナウイルス騒動により約2か月ほど自由が制限されております。

怖い病ではありますが、世の中には生命の危険を脅かす物が他にも沢山あります。

その中の一つが経済です、政治家や官僚の方々は寝る間も惜しんで対応に当たってくださっている事は百も承知で言います。

いい加減、中小企業を助ける気がないなら経済を再開させてほしい。

私はパチンコを好きではないですが、強制していないくせに営業をしたら店名を出してさらし者にしてコロナ対策をしているアピールをする政治家や役人の行為は卑怯だと思います。※吉村知事は個人的に頑張ってほしい政治家なんですがこれは残念に思いました。

パチンコ屋さんだって家賃や人件費、機械のリース代等黙っててもコストがかかります。

人一人にとっては200万は大金ですが、会社を経営している者にとっては営業を止められてしまうとそんなものは焼け石に水です。

パチンコは賭博だし三店方式は脱法行為だから改めようという論理なら私も賛成。

でもパチンコ屋さんから献金をもらっている議員が多数いますのでそれはしないと思いますが(笑)

政治家は選挙に当選しないと仕事ができません、自己保身の為に経済解除をして人が一人死んだら矢面に立たされるのでその選択はし難いのでしょう…

ですが、この中途半端な自粛で人生を賭けてリスクを負って商売をしている自営業者が間接的に殺されていきます。

テレビの情報番組等で流されている情報は真に受けない方が良いです、彼らは恐怖を煽る事によって視聴率を維持するというのが商売なので、全てが間違っているとは言いませんが、御用学者を使って過剰に恐怖心をあおっているように思えます。

ネットも虚実混ざっていますが、それを見極めるスキルを付ければテレビよりも遥かにすぐれた情報源になります。

2ヶ月の自粛生活で何が安全で何が危険かという見極めができていると思います。

我々がそれぞれの判断でパーソナルディスタンスを守る、密集密閉空間に行かない避けるという行動をとりつつ楽しめる事もあるはずです。

密集した公園に行くことは別として、広々とした公園で親子が遊ぶのを非難するような今の日本の空気が私は我慢できません。

橋下徹さんがおっしゃっていましたが、政府が取るべき方法は

①国の財政破綻覚悟で企業や国民を支援し人々の動きを止める

②ある程度のコロナウイルスによる犠牲は覚悟し、感染予防に勤めながら経済を再開する

上記どちらかだと。

今政府が取っている方針は、自粛しなさい、申請するなら金銭的な援助はちょっとしてやる、営業しても罰則はないけど晒し物にするよ。という責任を人に押し付けるスタンスです。

政治家を変えるのは選挙でしかできないし今我々にできることは…

人と離れる、手洗い、消毒等感染予防をし工夫しながら、今まで通りの生活を取り戻して行く努力をすること。

党派は関係なく国会議員でなくてもいいので近しい議員さんに経済再開を嘆願することではないかと思います。

そもそも補助金や助成金だって、皆が働いて納税した税金から払われるので、自ら自粛させろ!仕事休むから金くれ!という一部の国民の論理も違うと思います。

命と金どっちが大事なんだ!と言われると命と言わざるを得ない、でもお金が全てではないけれど全てにお金がかかるんです。

資本主義の世界でお金がないというのは命を取られるのと変わりません。

我々国民がそういう意思を示していくべきではないかと強く思います。

色々な識者の意見を聞いて目にして感じた私の気持ちです。

幸い、私は医療系の国家資格者なのでこのような形でも営業させていただいております。

売上は下がっていますが、赤字という事はありません。※この先はわかりませんが⤵

飲食店を営んでいる仲間をみていると黙っている気にはなれませんでした。

私の意見を不快に思う方もいるかもしれませんが、これも現実です。

長文をお読みいただきありがとうございました。

当院のコロナウィルス対策について
①大変申し訳ありませんが、熱や咳が続くなど感染が疑われる方の施術はお断りさせていただきます。その様な症状がある場合は草加保健所に電話し指示を仰ぎ、基本的には自宅療養が望ましいと思われます。
②人の密集を避ける為、予約なしの飛び込みで来た方、予約時間より早く着いた方は院外でお待ちいただく場合があります。又、子供のつきそいなどやむを得ない場合を除き、お連れ様は院外でお待ちいただく様お願い申し上げます。
③入口に消毒液がある為、手指消毒にご利用ください。
当院は、法的にも医療機関に準ずる医業類似行為を行う場所で保健所管轄の施術所になっております。そのため、今現在の所は通常通り営業する予定です。ただし、社会情勢の変化や官公庁から指示があった場合はやむを得ず休業する場合もありますのでご理解ください。
当院で行っている対策としては
平時からですが予約制を採用し、不特定多数の方が同じ時間に院内に留まらないようにしております。
又、IDや交通系IC、QR決済によりカードの受け渡し紙幣小銭を手にしなくても決済が可能です。
常に換気扇を作動させ室温を調整しながら開放する窓を変えております。
これも平時よりですが、毎回使い捨てのフェイスペーパーを使用し、枕、ベッドをアルコール消毒をしています。
また、手指洗浄、手指消毒を徹底しております。
対面で話をしたり、仰向けで施術をする時にはマスクを着用しております。
相手はウイルスなのでゼロリスクというのはあり得ませんが、できる限りの対策をしリスクを減らすよう心掛けております。
ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。
富山県砺波市の酒造会社からアルコールを譲っていただきました、大事に使わせていただきます。
画像に含まれている可能性があるもの:飲み物

テーマ: 整骨院関係

新型コロナウイルスが猛威をふるい続けております。

 

ゴールデンウィーク明けの経済再開できるのかというところが心配ですが…

 

我々庶民は自分たちができること、不要不急の外出を控え、手洗いうがい、消毒など徹底するしかないですね。

 

あとは、体の状態を良好に保つこと… 免疫力という言葉はあまり使いたくないのですが、一般的に浸透しているのでここではわかりやすくするために敢えて使います。

 

免疫力を落とさないようにすること、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動、これらは当たり前の事ですがウイルス対策において非常に重要だと私は考えています。

 

当院は以前もお伝えした通り、厚生労働省管轄の医療機関に準じた施術所ですので業務停止のカテゴリーには入っておりません。

 

東京都では整体院も営業自粛対象になったそうですね。

 

整体院、整骨院接骨院鍼灸院と何が違うのと思うかもしれませんが…

 

鍼灸・整骨院は開設の際に所定の条件を満たしていないと開業許可がおりません。

 

具体的な内容は、施術スペースや待合室の広さ、換気設備、消毒設備これらの条件を満たしていないと開業できないんですね。

 

また、整体は国家資格がありません。全て民間資格ですし、資格が無くても整体師と名乗れば今日からあなたも整体師になれます。

 

国家資格を取る際は、学校で施術の勉強ももちろんしますがそれだけではなく、解剖学や生理学等の基礎医学の中に、衛生学の授業もあるので衛生的な知識が備わっているんですね。

私が通っていた学校では基礎医学は全て、医大の教授など医師がきて教えてくださいました。

 

こういう要件を満たしているので、こういう非常時でも営業停止にならないのです。

 

もちろん、患者様が入れ替わる度にベッドの消毒をしますし。それに加え入口のドアノブからカウンター、待合のソファも日に数回は消毒しています。

 

ですが、ウイルスはゼロリスクというのはあり得ません。どんなに注意していても感染するときはするのです。

 

ですので、施術所に来るのが不安な方は騒動が落ち着いてからお越しください。

 

予約の方はキャンセルしてくださっても構いません。※当日キャンセルは非常に困るので前もってお願いします(笑)体調が急変した場合は仕方ないんですけどね。

 

私も時間があるので、皆様がご来院した時に更に良い施術ができるよう色々勉強しております。

 

この時間を前向きに捉え、次へのステップにしたいものです。

 

TPE00451

今日は日中、美容鍼灸を受ける方がまぶしくないようにするために施術室の窓にロールスクリーンを付けました。

 

Amazonで購入、やってみると意外に簡単に付ける事ができますね。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ: 整骨院関係

①大変申し訳ありませんが、熱や咳が続くなど感染が疑われる方の施術はお断りさせていただきます。その様な症状がある場合は草加保健所に電話し指示を仰ぎ、基本的には自宅療養が望ましいと思われます。

②人の密集を避ける為、予約なしの飛び込みで来た方、予約時間より早く着いた方は院外でお待ちいただく場合があります。又、子供のつきそいなどやむを得ない場合を除き、お連れ様は院外でお待ちいただく様お願い申し上げます。

③入口に消毒液がある為、来院時の手指消毒にご利用ください。※帰る際にも利用していただいて構いません。

④来院する場合はマスク着用をお願い致します。

当院は、法的にも医療機関に準ずる医業類似行為を行う場所で柔道整復師、はり師、きゅう師の国家資格保持者が施術を行う保健所管轄の施術所になっております。

TPE00441

当院で行っている対策としては

平時からですが予約制を採用し、不特定多数の方が同じ時間に院内に留まらないようにしております。

又、IDや交通系IC、QR決済によりカードの受け渡し紙幣小銭を手にしなくても決済が可能です。

常に換気扇を作動させ室温を調整しながら開放する窓を変えております。

これも平時よりですが、毎回使い捨てのフェイスペーパーを使用し、枕、ベッドをアルコール消毒をしています。

また、手指洗浄、手指消毒を徹底しております。

対面で話をしたり、仰向けで施術をする時にはマスクを着用しております。

 

 

相手はウイルスなのでゼロリスクというのはあり得ませんが、できる限りの対策をしリスクを減らすよう心掛けております。

 

ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

 

 


テーマ: 整骨院関係

当院のメニューはこちら

 

コロナウィルス怖いですねぇ、アメリカではインフルエンザが大流行しているそうですしなかなか心配です。

当院では加湿機能付き空気清浄機に加え、メインベッドブースにも空気清浄機とクレベリンを設置しております。

更に、普段は枕、ベッドの空気孔周りをクリーナーで掃除するのみですが、アルコール消毒も行っております。

いくら使い捨てのフェイスペーパーを使っているとはいえ、人が接するところなので気を使っています。

TPE00438

 

以前、知人がオープンした治療院でのこと…

私も施術家として体のケアと勉強の為に他の治療院で施術を受けるようにしているのです。

そこの治療院のベッドも当院と同じように枕の部分に穴が開いているタイプのベッドでベッドに布カバーがかけてありました。

うつぶせになると…

よだれのニオイが…

『これよだれのニオイするよ』と指摘してあげると…

『あーそうですか』と一言

数週間後に再び訪れるとまたよだれのニオイが…

また指摘してあげると、『洗ってんですけどねー』と逆ギレ気味に一言。

結局その治療院は一年を待たずに1千万円の負債を抱え廃業しました。

 

神は細部に宿るといいますが…本当にその通りだと思います。

 

医療機関である以上、衛生管理は細部ではないんですけどね…そもそも

当然衛生管理もできない人間なので施術もお世辞にも上手いとは言えませんでした。

今は、人に使われて勤務しているようですが知らずに施術を受けに来る患者さんが気の毒だなぁと思います。

診断機器を扱えない我々、柔道整復師や鍼灸師は目に見えない体の内部のもの、気の流れ、患者さんの気持ちを想像して施術にあたります。

他人の気持ちはわからないものですが、他人の気持ちを想像できない人間は治療家には向いてないと思います。

目に見えない、菌やウィルスを想像して対策するのも治療家の務めと思っております。

もし当院に来院して至らない点がありましたらご指摘ください。

 

ではお大事にどうぞ~ (久々)