鍼灸整骨院あおてあ|八潮市大瀬

平日夜九時まで、土日祝日営業 肩こり、腰痛、自律神経の乱れ、更年期障害、頭痛等でお悩みの方、交通事故に遭った方が多数来所。八潮駅徒歩10分駐車場完備


テーマ: 体のこと

12月に入りました、年の瀬になると訃報が増える気がします。

先日、お世話になったラグビーの先輩の先輩が心筋梗塞で亡くなりました。恐らく50歳か51歳だと思います。

ラグビー関係者なら誰もが知る高校大学卒というスター選手で、私の高校恩師の先生と高校、大学の後輩という事もあり色々話をしていただきまいした。当時は大手広告代理店に勤めていらっしゃるとおっしゃってました。

開業前にその先輩の院に見学に行った際、施術させていただきその後食事をご馳走になりました。

色々開業前の話も聞いていただき、私の心構えを厳しく指摘していただき最後は頑張れよと言っていただきました。

その後、「あいつ大丈夫か?」なんて気にかけてくださってたそうです。

開業直前だったのでちょうど10年前の話です。

またお会いしたっかったですが、非常に残念です。

実は、私もですがここに出てくる人は全員フロントロー(プロップ)の元選手なんですね(笑)

プロップとはスクラムの最前列でプレーする人間で、現役選手で言うと笑わない男稲垣選手や具選手、イシレリ選手と言えばわかると思います。

体重が重要なポジションでもあるので他のポジションの選手と比べ横が大きく、体を大きくするために合宿中などは沢山食べさせられます。

プチ相撲部屋みたいな感じかもしれません。

特にラグビーのようなコンタクトスポーツをやっていると食べるのが練習の一部という事もあり…

引退してもその食欲がなくなりません。

またラグビー繋がりでおいしい物やお店も沢山知っているのでグルメな人も多いです。

学生時代の運動量を保てれば良いのですが、実業団チームに入るような方を除いてはほとんどの方がいきなりスーツを着てオフィスで働いたりしだします。

これは太るんです。私は現役の大学時代体重が95キロでしたが、サラリーマンをしているころは体重も110キロほどになりました。

健康診断のたびに血圧、血糖値、中性脂肪、肝臓の数値で引っかかり当時のかかりつけ医にものすごく怒られました。

タバコをやめ、普段飲む飲み物は無糖のコーヒーお茶水に替え、食事を減らして減量しました。

今も週二回のウエイトトレーニングと一回のアームレスリングそれ以外の日にジョギング※散歩?も始めましたのでほぼ毎日運動をしています。

私はそんなに高いレベルでラグビーをしていたわけではありませんが…

高校大学とスター選手だった方達に限って…運動していない事が多いです。

高血圧、糖尿病…本当に多い。

寮生活で死ぬほどラグビーの練習をやったから、一生分運動したよという方もいます。

穿った見方をすると…過去の思い出話や昔話が好きなんですね。

ただ、私はそういう方達を見て思うのです。「大事なのは今ですよね?」と

私は人に言えるようなラグビー人生じゃなかったし、大学、ニュージーランドでラグビーをやっていたとはいえただ好きだから自分で行ってやっていただけなので誇れる物もありません。

でも、今も動ける運動しているという事の方がはるかに大事なんですよね。

亡くなった方を悪く言うのは気が引けますが、正直ものすごく太っていましたし各種数値も高かったと思います。

昔は大学ラグビーのスターでも、端から見たらただのものすごく太った不健康なおじさんです。

過去の栄光も良いですが、健康をキープしないと良い仕事もできない子供の成長を見守る事もできない。

親としての責任を果たせないまま亡くなる事になります。

40過ぎて思うのは、健康は宝だということ…

身体が健康でなくてはいくらお金があっても楽しくないでしょうし、逆に言うと身体さえ健康ならお金がかからなくても楽しくできる趣味なんて沢山あるし楽しい人生が送れるはずです。

アスリートは内臓が強い事が多く、だからこそ筋量も増えやすいです。

ですがなまじ強いばかりに、暴飲暴食を続け死に至るまで気づけない気づこうとしない傾向があります。

酒や糖質、脂質、タバコは違法薬物ほどではないですがそれでもかなりの依存性があります。

なのでストレスのはけ口を酒や食などに求めるのではなく運動して発散するのが健全かなと思います。

元アスリートなら必ずできるはず。

私も施術者として、患者さんの生活習慣病を改善するために全力を尽くしています。

でも治療だけでは無理なので一人でも多くの方の意識が変わるよう努力して行きたいと思います。

最後に亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


テーマ: スポーツ, 体のこと, 整骨院関係

24歳以下の学生の方限定コースです。約40分4,000円(税抜)

部活の試合前にバランスを調整したい、関節可動域を上げてパフォーマンスをアップさせたい、受験勉強で姿勢が悪いので調整してもらいたいという方、オスグット病、シンスプリント等急性以外の反復する外力による損傷の施術、他院や整形外科に通院していて二重受診になる方等に向けて学割の整体コースというメニューを用意しております。

高校生、大学生で学校の近くの院に通っていて、施術内容に満足できないという要望で受ける事は多々あります。

日本選手権やインターハイ前になんとかしてもらいたいという方のニーズが多いコースです。

ただ悲しい事にこちらのコースですが今まで全く小中学生の利用がありません(泣)

おそらく、八潮市は数年前から小中学生の医療費が無料なので…健保使えずに無料じゃないなら…と言う方が多い(笑)

明日大事な試合だからと電話してきて、無料じゃないならいいなんて本末転倒な方もいますね。

 

健保では受傷部位しか原則診れませんが、自費施術なら全身のバランスを見てなぜそこに痛みがでるのかという治療ができるので内容が全く違います。

場合によっては鍼も使うし、テーピングも駆使します。※原則追加料金はなし

再負傷しないように動きのチェックも致します。

 

ですので本気なら自費施術をおすすめ致します。

KIMG0751

 


テーマ: 体のこと

最近よく聞くこの言葉。

滅茶苦茶バッシングを受けているあるお方なんかは「全然国民に寄り添ってくれない」なんて言われてたりします。

おかしくないですか?

他人に求めすぎなんですよね、寄り添うって寄り添う側の行動や論理であってしてもらう側が言う事ではないかと…

図々しいというかただの甘えとか他力本願に感じます。

そういう人からすると私は寄り添わない人に見えるかもしれません(笑)

でも、来てくれた方の体が良い方向に行くように自分の持っている知識と技術は最大限に注いでいるつもりです。

ひざが痛いと言う方が来たら、運動して筋力をつけましょう、体重を落として膝の負担を減らしましょうという治療方針を伝えます。

私にとってはそれがその人に寄り添う行動なわけですが…

治療家として当然の事だと思っておりますし、その人の膝にとってベストの方法をすすめます。

でも、その人の弱い心に寄り添う気はありません。

運動嫌いですよね、間食大好きですよねそれはやめられないですよね~

ではその人の膝は良くなりませんし、私の存在意義は無いわけです。

お金を求めるなら、その人の生活習慣を変えさせず飽きるまで来院させれば良いと思いますがそれはしたくないんですよね。

私はそういう意味では商売下手です、常連の方にも先生は商売っ気ないからな~とあきれられます。

まあ、そんな私でも良いと思って来てくださる方がいて生活もできてるので自分の信念を曲げてまでお金に執着するつもりもありません。

病院でも治療院でもそうですが、寄り添わなきゃいけないという風潮はちょっと違うのかなと思います。

今はクリニックでも治療院業界でも競争なので甘い言葉が溢れています、一緒に頑張りましょうみたいな。

金もらってんだからお前(施術者側)が頑張るのは当たり前だろうと。

もちろん勘違い野郎にありがちな、タメ口で話すとか妙に馴れ馴れしいというのは論外です。

社会人として年下でもちゃんと敬語でお話しますし、誠意をもって説明します。

大事なのは医学的根拠を基に治療し、忌憚なく話をして生活習慣を改善してもらうことだと思います。

でもそのスタイルでお客さんが来なくなって生活に困ったら寄り添い商法をやるかもしれませんが(笑)

寄り添ってもらえないって感じる人って、若干心が病んでるのかなと思います。

例えばリ〇ッ〇マみたいなキャラクターものが好きな人って病んでる事が多いんですよね、ああいうキャラクターグッズを沢山持ってる人って寂しがり屋が多いそうです。常に物が欲しい人とか物に囲まれていないと不安で物が捨てられない人も同様です。

いつも癒しを求めていて傷つきやすい人が多いのかなと。

なので、私はそういう人には合わないかもしれません。

何より無駄を嫌うのでエビデンス(医学的根拠)をもとにそういう気は一切使わないでしゃべりますので。

純粋に身体を良くしたいって方が来てくださると良いなと思っております。

 

 

寄り添ってもらえないと思うなら、自分自身を変えた方が良いのかなと思います。

それかおススメはしませんが寄り添ってくれそうな人を探すしかないでしょうね。

でもその人が善人かどうかわかりませんけどね…

というお話でした。

 

 

 

 

 


テーマ: 交通事故施術, 体のこと

最近久々に自転車に乗る事が多くなりました。

改めて思うのは…

自転車滅茶苦茶便利ということ(笑)

まず駐輪場所に困らないということ、駅に行けば自転車置き場はあるししかも短時間なら無料だったりします。

原油高の昨今ガソリンを入れなくても走り、運動にもなります。

自転車に乗るようになって気づいたのは、市中に電動アシスト付き自転車が非常に増えたなということ。

確かに、子供載せて走ったり坂道が多い街なんかでは便利でしょうね。

私も通勤時、涼しい顔したママさんに余裕で抜かれたりします(笑)

便利なのは良いのですが、電動アシスト付き自転車に限らず交通ルールを熟知していない人が多すぎるのでかなり危ないです。

自転車は左側通行が鉄則なのに平気で右側を走っていたり、止まれの標識があるのに優先道路の概念もないのか平気で突っ込んでいきます。

ダウンロード

基本的にそういう人は進む方向しか見ていないので車が来ていても平気で反対側に道路を横切ったりします。よく大事な子供載せてあんな乗り方するなぁと…呆れます。

ウーバーイーツの暴走自転車が話題になりますが…八潮みたいな郊外はそんなに数が多くないので電動アシスト自転車のがはるかに危ない印象。

そういう人は進行方向しか見ていない事が多く非常に視野が狭いので周りに注意を払えないんんですよね、なので交差点が近づいたら自然に原則して右左を確認するなんてしません直前まで漕ぎ続けてキーッと急ブレーキしてる場面を見かけませんか?なので一心不乱に自転車を漕がずに意識して周りを見るようにしてほしいものです。これは車を運転する場合にも言えます。これは差別ではなく性質なので意識して注意させるべきですし、するべきです。

ダウンロード (1)

電動アシスト自転車はバッテリーや駆動装置があるので重いんですよ、それに子供も載せますから原付バイクに匹敵するくらいの重さになります。

当然、重いのでぶつかった時の衝撃はかなりのものです。

電動アシスト付き自転車の事故がかなり増えているようです、しかもスピードも速いので当たり所が悪ければ老人子供だけではなく成人男性でも重症または死亡するでしょう。

最近は自転車が保険に入るのが当たり前になり約60%の人がなんらかの保険に加入しているそうです。

保険の加入は電動アシスト付き自転車に限らず必須ですね。私も自動車保険に付帯している個人賠償責任保険をつけています。

裏を返せば10台中4台は無保険車。

裕福な人ならいいですが保険に入らないような層は中間層より下でしょうから賠償もままならないでしょう。

怖いですね…

政府も、違反自転車の厳罰化や保険加入の強制をする法律を整備すべきと思います。

自転車事故に限らず、自動車事故やその他の事件で日本は加害者に対して甘すぎるところがあるのでこれは見直してもらいたいです。

知り合いの方のお母さんも、スマホいじりながら子供載せた電動アシスト付き自転車の女性にひき逃げされたそうです、今もケガの後遺症で通院しているとのことです。

そりゃそんな事故起こるよねと街にでて自転車に乗ってる人たちを見ると思うのです。

まあ買いたい人は買えば良いとは思いますが…

便利な電動アシスト付き自転車ですが、ほとんど平地の八潮には必要ないと私は考えます。

価格も髙いし、何よりせっかくの運動をする機会を奪っているんですよね。

自転車は膝に負担がかからない良い運動です。腰が痛い、膝が痛いって言う肥満気味の方に限って電動アシスト付き自転車に乗っていたりします。

体重落としましょう、筋力つけましょうというと運動する時間が無いと言う…

だったら日常で運動するように心がければ良い事なんですけどね。

昭和のお母さん達は動力無い自転車でも前に後ろに子どもを乗せて走ってましたから、だから今の高齢者は足腰強くて元気なんでしょう(笑)

※ちなみに3人乗りは幼児二人同乗用自転車というのが必要だそうです、年齢制限体重制限もあるのでお気を付けください。

今も時折見かけますが、昔は夕方に22m道路の今は無きマルエツに行くとそんなお母さんが沢山いました。

もちろん普通の自転車にも殺傷能力はあるのでどちらにせよ交通ルールを守って安全運転でお願いいたします。

ではお大事にどうぞ


テーマ: 体のこと, 整骨院関係

10月も残りわずかとなりました。

今年は沢山の方にご来院いただいております、感謝ですね。

業界の新聞にこんな記事がでておりました。

TPE00175

業界団体の調べでは鍼灸の受領率が低迷しているそうです。

これは意外ですね、当院は鍼灸の問い合わせ滅茶苦茶多いのです。

最近多いのが美容鍼と腰のヘルニアの方。

特に腰のヘルニアの方は病院に通っていて改善が見られないという方が多数来院されています。

ケースバイケースですが3回くらい施術を受けると良い方向に向かっていく方が多いので最近ちょっと自信がつきました(笑)

もちろん、医師の診断を受けるというのは滅茶苦茶大事です。

鍼灸院整骨院では画像診断を受けられませんので、医師に診断してもらってどの場所のヘルニアなのかというのがわかると施術もしやすいのです。

ただ、病院でリハビリを受けて改善していかない場合は鍼灸の選択肢を検討するというのが正しい流れかなと思います。

当院は必要であればお医者さんに手紙を書いて連携して治療をするというのを心掛けています。

あと、よく電話してきて「鍼って効きますか?」という大雑把な質問してくる人がいますが…

まず予約して治療を受けてください、そうでなければウチでは施術受けない方がよいです。

何故なら、効くか効かないかなんてやってみないとわからないからです。

ですので絶対を求めるならやめておいた方が良いかもしれませんね。

ではお大事にどうぞ


テーマ: 整骨院関係

堀江貴文さんのブログやyoutubeをよく見ます。

堀江さんに限らずその人の意見が全てだとは思いませんが、常に頭を使って勉強している方の話はとても為になります。

他にも高橋洋一先生や武田邦彦先生、橋下徹さん、上念司さん、ひろゆきさんなんかも好きです。

インターネットが発達して素晴らしいと思うのは、一流の人の思考が新聞やマスコミによって歪曲されずに知ることができるということです。

スポンサーの都合やマスコミの思想に操られずに済むのは非常に心地よいです。

 

今日読んだブログでは、「質問力が足らない人が多すぎる」という事が書いてありました。

非常に共感できます。

堀江さんも以前書いていましたが、文章を読めない人間て意外に多いということ…

簡単な事で当たり前だと思っていた事でも、当たり前にできない人って一定数いるんですね。

例えば子供がプロ野球選手に質問する場面があった時に「どうやったらプロ野球選手になれますか?」みたいな大雑把な質問をすることって多々あると思います。

こういう質問て困りますよね(笑)まあ選手は「沢山練習してください」とか「野球だけじゃなくて学校の勉強も頑張ってください」みたいな無難な返答をすると思いますが、そんなの子供でも知ってる当たり前の事なのでせっかくプロ野球選手に話が聞ける機会なのに誰の為にもなってない時間になるわけです。

子どもだからそれを非難するつもりもありませんが、そのレベルとさほど変わらない大人も多いんですよね。

例えば「僕はバッティングで内角球がうまく打つことができません、どういう練習をしたら良いですか?」なんて質問をする子供がいたらその子は良い選手になる可能性が高いと思うんです。

子どもだからそんな質問できないよ、って思う大人もいるかもしれませんが…

先日きたリトルリーグでピッチャーをやってる小学生の子は、受け答えがすばらしく「ピッチングで最近フォームを変えて練習しているんですがテイクバックの時にこの辺りが痛くなります。」としっかり自分の体の状態を説明していました。

実際小学生でも下手な大人よりもコミュニケーション能力、質問力が高い子っているんですよね。

中学生や高校生でも親が同伴できて、本人は黙っていて親が説明してるなんて事もザラにありますから年齢じゃないんです。

例えば予約をするという簡単な行為でも相手に手間をかけさせる人っています。

ひどい人になると電話にでるや否や「予約制ですか?」「やってますか?」「鍼って効きますか?」などという無駄な質問をしてくる人がいます。

申し訳ないですが「はい…」とだけ答えるようにしています(笑)

 

私は基本的に、相手に手間をかけさせたくないのでネット予約やLINEで予約をします。

そういったオンライン予約に対応していないところに電話する時、美容院の場合は

「〇〇と申しますが店長のカットで今日の12時から17時までに終わる時間で予約お願いします。今日無理なら同じ時間で明日でもいいです」

何をしてほしいか簡潔に伝え訪れる事ができる時間を明確に伝え、時間に幅をもたせて無駄なく伝えます。

相手はカットの最中に手を止めてるかもしれないし、休憩中に電話をとっているかもしれない、雑用をやってるアシスタントの方かもしれないから無駄な質問で時間を取らせたくないのです。

また時間に幅を持たせることで相手に選択肢を与えてあげるんですね。

例えば今日入れない事はないけど、明日のが余裕があるから明日にしてもらおうなんて選択もしてもらえるわけです。

時間に余裕があればこなすだけのサービスじゃなくて、しっかりとしたサービスをしてもらえる可能性も高くなるわけです。

それは施術者が時間に追われてると雑になるのを知っているからです。

家族経営の料理屋なんかでもそうです「〇月〇日の19時から4名で前菜のサラダとお刺身良いところ盛り合わせであとは季節のものでおススメの物があればお願いします」なんて先に言っておけば市場にいって良い魚を仕入れといてもらえるし、段取り組んで用意しておいてもらえるので当日スムーズに料理がでてきますし、相手も仕事がしやすいと思うんですね。

要は思いやりって想像力だと思うんですよね、サービスを受ける側も相手を思いやる気持ちがあれば良いサービスを受けられて結果得するんです。

よく、キーキー何にでも他人のせいにして怒って余裕ない人っているじゃないですか、そういう人って他人に優しくないんですよ相手を思いやる想像力が無いから誰からも愛されないんですね。

当院は脱臼等の緊急性が高いものを除いては無理に予約を入れる事はしなくなりました、以前は無理に入れていましたが良い施術ができないしお互いにとって良くないので。予約が一杯の時は「明日以降の予約になります、どうしても今日が良ければ他の院を探してください」と伝えるようになりました。

自分の都合ばかり押し付けてくる人は害でしかないんですね、こちらも疲弊しますし他のお客さんに迷惑がかかる事も多々ありますし。

営業時間や予約制等当院のコンセプトは全部ホームページに書いてありますし、鍼がききますか?って料理屋に電話して料理おいしいですか?って言ってるのと同じくらい無礼な質問だと思うんですよね(笑)

 

リテラシーがある方はちゃんと調べてネットやLINEで予約してくださったり来院した時に次の予約をとってくださるのでそんな無駄な質問絶対しません。

施術にきて「鍼って何で効果があるんですか?」とか「腰痛に良い運動ありますか」という具体性のある質問なら大歓迎なんですけどね(笑)

当院は緊急性がある場合は電話も受付していますが、施術中は電話に出ないで折り返し対応にしていますし

本音を言えば電話契約止めたいですがいまだにメールすら使わずFAXで連絡する様々な会や損保会社、健保組合、高齢のお客さん等電話じゃないと連絡が取れない方も多いので継続している感じです。それでも無意味な営業電話や予約電話に対するストレスもあるのでそのうち廃止するかもしれません。

当院は外傷でもないのに健康保険を使って500円でマッサージみたいな違法な事もしていないので、こういうスタンスで営業していたら滅茶苦茶客層が良くなりました。

社会性があって時間も守ってくださる方がほとんどで勉強になる話を聞かせてくださる方も多く無理なく仕事させていただいてます。

相手に手間をかけさせない工夫と質問力を高めれば、良いサービスやアドバイスが受けれらるという話でした。

私も心掛けたいと思います。

 

 

no telephone

 

 

 

 


テーマ: 体のこと

さて、9月も後半敬老の日絡みの三連休の予約が…全然入ってません(笑)

まずいなぁと思いつつ、ちょっとゆっくりできるかなといつものサボり癖が…

でもこのままだと夜逃げしなければいけなくなりそうなので、施術ご希望の方は是非お越しください。

 

さて、施術をしていて多いのが私、メンタル強いんです。多少の事は平気です。という人…

私から見ると、そういう人は大抵弱いです(笑)何故か、メンタル強い人はわざわざ自分の口でそんな事言わないからです。

といいいますか、強い人なんて一握りで…弱い人がほとんどではないかと…

私もそんなにレベルが高くないとはいえ体育会のラグビー部で中高大学と過ごしてきたので、初めて就職した時は多少の事は平気だと思ってました。

ですが、睡眠時間二時間週休ゼロか1日という過酷な職場で過ごしたのもありますが…

さすがに壊れましたね(笑)電車に飛び込もうと思った事もありました。

同時に、世の中そんな甘くないと痛感。転職してからも2年は尾を引いた感じはありました。

その時初めて自分が弱いと思ったんですね。

その後も、家族の事など悩む事も度々ありましたが…自分の心のバランスをとって割とうまく立ち回れた感じはします。

人は経験によって強くなるというより心を守る術を学ぶのではと思います。

40を過ぎて以前ほど怒ったり悲しんだりしなくなりました、決して強くなったとは思っていません。ただ、いなすのが上手くなっただけだと思います。

 

来年から菅田将暉さんが主演でテレビドラマ化される「ミステリと言うなかれ」という漫画があるのですが…

主人公の整くんが言っていたのは

アメリカでは刑事が犯人を殺したりまた、ひどい目に遭った時は必ずカウンセリングを受けさせられる。

カウンセラーの許可がないと仕事に復帰できない。それってアメリカでは人の弱さを認めてるからなんだと思う…

人は弱くて壊れやすくて病むことも倒れる事もある、それが当たり前だと。

だから修復する治そうと思う、それができると信じてる。

でも日本では弱さを認めない。弱い者は負けで壊れないのが正しい。壊れたら退場で悩む事すら恥ずかしい。相変わらず根性論です。

弱くて当たり前だと誰もが思えたらいい。

 

たぶん、自律神経が乱れてうちに来る患者さんは結構頑張ってるんだと思うんですよね。

でも、自分は弱くないと思い込んでしまっている。

なので、なるべくストレスがない方向に行くように促します。

本来ならパートナーが原因なら別れれば良いし、仕事が嫌なら転職すればいい、友人関係の悩みなら断ち切ればいい、親が嫌なら縁を切ればいい。

簡単ではありませんが、悩みを解消したいなら大事なポイントかなと…

こうでなければいけないという思い込みが強すぎるんですよね。持ち家は持たないといけない、離婚したら世間体が悪い等。

そんなの自分が思ってるだけで意外に他人はどうでもいいと思ってます。実際皆、大して他の人に興味なんてないんです。

それを吹っ切れれば楽になれると思うんですけどね。

実際難しいんでしょうけど(笑)発想を転換させれば案外簡単かもしれませんよ。

ではお大事にどうぞ

 

 

 


テーマ: 体のこと, 整骨院関係

接骨院といえば包帯と湿布のにおいなんて言われてた時代がありましたが…

今はサポーターやバンド固定が主流になり捻挫の時などでは包帯固定はあまり使わなくなりました。

修行中は業務後に院に残り何回もやり直しを命じられ練習したものです。

ですが包帯はただ巻けば良いというものではなく、適度な圧をかける事が重要になるのでテーピング固定の練習にもなるんですね。

一度使えば終わりのテーピングと違って何回でも巻き直せるのでコストもかからずに練習できるのです。

緩いと効かないし、締め付けすぎると血行不良などの原因になってしまうので意外に難しいのです。

しかも接骨院で使う包帯はゴムが入った伸縮包帯だけではなく伸び縮みしない綿の包帯を使うのでより難しいのです。

固定力はピカイチなのですが、いかんせん入浴する際などに外してしまうと普通の方では巻くのが大変なため包帯を使う機会はだいぶ減りました。

TPE00144

 

ですが、今でも骨折のシーネや硬性材料を使用した固定で使うんですね。

接骨院でも医師の同意があれば骨折・脱臼の後療(リハビリ)をすることができます。

昨今では骨折脱臼が疑われる場合は、患者さん自身が整形外科に行くためこれもだいぶ減りましたが…

捻挫や打撲と思って来院したり、とりあえず応急処置をしてもらう為来てくださる方もいます。

当院は連携がとれる整形外科があるので、処置後にそちらにお願いしてレントゲン等の検査をしてもらう事が可能です。

今は、慢性疾患などの自費施術がメインとなりましたが…

接骨院・整骨院を名乗る以上は外傷ケガの応急処置と包帯くらいは巻けないといけないかなとは個人的には思います。

あとは、当院では骨癒合を促進するために超音波治療器を使用し、その後ボディーシートを使って包帯部分をキレイにします。

TPE00145

私も子供の頃に前腕両骨骨折をした際に固定をしていたのですが、昔は今と違って石膏で固めてしまうため取り外しがきかないので皮膚がかゆくなってしまった経験がありました。隙間から棒を突っ込んでひっかいてましたね(笑)

外傷に対する施術は柔道整復師としてのアイデンティティでもあるので今後も続けていきたいと思います。

 

 

 


テーマ: 整骨院関係

当院では待合室、施術室に空気清浄機を設置しております。

日頃外部フィルターのホコリを掃除したりはしますが…

内部フィルターは消耗品の為、交換となります。

機械によって交換時期が異なり、待合室のタイプの物は10年、施術室のタイプは2年が目安となるんですね。

TPE00141TPE00140

待合室のものは比較的高価で三層構造のフィルターなのに対し

TPE00143TPE00142

施術室の物はシンプルで安価なタイプ、こちらは二層構造なのでそこに違いがあるのかと…

特に10年のホコリを吸い続けてきたフィルターはなかなか年季が入ってましたね(笑)

汚れたまま使用していても、効果が発揮できないので何事もメンテナンスが大切なのだと実感。

私は性格的に部屋を片付けたりするのは苦手なタイプなのですが…衛生的に汚いのは好きではありません。

ですのでエアコン清掃も定期的にプロに頼みますし、浄水器のカートリッジ交換も欠かしません。

ハウスダストはアレルギーの原因にもなりますし、バカにしたものではないんですね。

10年交換タイプは次回は買い替えになるかと思いますが、大事に使用したいと思います。

ではお大事にどうぞ


テーマ: 体のこと, 整骨院関係

インドの感染者数がピークアウトしているようです。

インド国民のワクチン接種率はなんと国民の1割、では何故ピークを越えて下げる傾向にあるのか?

それは、沢山の人がコロナウイルスに罹患した結果抗体ができて再び感染しづらくなっているのです。

いわば天然のワクチンですね(笑)

感染症の歴史を見ると、ウイルス感染は防ぐのが困難なのである程度感染が拡がるしかないんですね。

そこで人類の叡智の結晶であるワクチンがあるわけです。ワクチンを打つことによって抗体を作り、感染しても発症しにくくなり重篤化を防げるというわけです。

なので今日本政府がやっている行動制限なんかウイルスの前には意味ないんですよね、それに気が付いた欧米諸国はロックダウン意味なかったから経済回すという方向に舵を切っています。

いまだに日本では憲法上不可能なロックダウンを声高に叫ぶ人がいますが、それをやるとどうなるか想像できないんでしょうね。物流が止まりスーパーやコンビニから物が無くなりスーパーには行列ができるでしょう。東日本大震災直後の状態になると思った方がよいでしょう。

ヨーロッパなどではそれをやりましたが結果、感染者数を減らす事はできなかったわけです。

論理的に考えてどこにいても感染する確率は一緒なのです、毎日学校に行っているのに感染対策をしてワクチンを打った運転手さんの観光バスに乗り、ワクチンを打ったスタッフがいる宿舎に毎日学校に行っている児童生徒が宿泊して感染するリスクって一緒じゃないですかね?毎日満員電車に揺られて都心に通っている両親と一緒にいるより安全な可能性あります(笑)

小池都知事はパラリンピックは開催するくせに修学旅行や運動会はするなと言っていますがこれは明らかにおかしい。

なので、この閉塞した緊急事態宣言を終わらせるには行動制限ではなくワクチン接種を勧め病床を増やすことが最善と私は思っております。

日本は悪平等が蔓延り騒ぐ少数派の声が大きくなりがちですが、ワクチン接種者には行動を解除していくワクチンパスポート導入を日本でも取り入れるべきだと思っております。

プロ野球のソフトバンクでもワクチン接種者にチケットを販売するそうです。

そこで当院も、2021年12月末までワクチン接種者に限り自費料金1,000円引きにさせていただきます。※健康保険施術を除く、お一人様一回限り

新規の方も、既存の患者さんもご利用いただけます。※まだワクチン接種一回目しか受けていない方もご利用いただけます。

ご希望の方は、新型コロナウイルスワクチンの接種券についている接種済証をお持ちください。必ず予約時に伝えるか、施術前の来院時に提示をお願いします。

会計時に提示した場合はお断りさせていただきます。

TPE00125