鍼灸整骨院あおてあ 八潮市で鍼灸施術、自律神経、美容鍼灸、頭痛、めまい、肩こり腰痛や交通事故施術なら

八潮市にある鍼灸整骨院 つくばエクスプレス八潮駅より徒歩10分、駐車場完備 平日土曜夜9時まで日曜祝日営業 外傷、肩こり、腰痛、むち打ち、交通事故施術、自賠責、労災 平日土曜9:00~12:00,15:30~21:00 日祝9:00~12:00,14:00~18:00 火曜休業


テーマ: 整骨院関係

当院の施術方針等についてはこちら

 

昨日LINEペイとメルカリが運営するメルペイの相互利用のニュースが発表されたばかりですが…

 

当院ではメルペイの取り扱いも開始しました。※健康保険施術の一部負担金を除く

 

TPE00321

確かにこれだけ種類があると加盟店側としてもその都度契約しなければならないので、相互利用は増えてくると思われます。

 

とりあえず、当院では各種クレジットカード、SUICAPASMO等の交通系IC、ID、appleペイ、楽天ペイ、LINEペイ、そしてこのメルペイ等が利用できるので…

 

これだけあれば、不自由はしないと思うので今のところこれ以上増やすつもりはありません。

 

昨年末より話題になった、〇〇ペイは営業がいい加減で連絡もないので今後も取り扱いはしないことにしました。

 

メルペイに関しては、メルカリというインターネットフリマアプリで私物を売却した方がそのまま電子決済で使えるそうです。

 

物を売ったお金を現金で引きだす場合は一定の額に到達しないと手数料がかかるということで、そのまま決済できるメルペイはユーザーの利便性が高いと思い導入しました。

 

私はメルカリユーザーではありませんが良いシステムだと思います。

 

今まで現金派だったけどどれを利用すべきか?という質問を受けますが…それぞれメリットデメリットがあるんですね。

 

LINEペイやペイペイのメリットといえば、20パーセント還元キャンペーンなどのキャンペーン豊富さでしょうね。

 

顧客獲得競争がある今、これをうまく利用するととても得です。

 

でも、ある程度時間が経ったらなくなるものなので… 利用するなら今かなと思います。

 

これらのQR決済は加盟店側が端末を用意しなくても、QRコードの用紙さえあればそれで決済してもらうことができるので…

 

小規模の商店などでも導入しやすいのがメリットだと思います。

 

大手ですが、先日オリジン弁当で使えたのが非現金派の私にはうれしかったです。

 

あとはLINEペイは送金サービスがあること…

 

飲み会で割り勘になった時に、小銭が無くても端数までもちゃんと割り勘にできるのがメリットでしょうね~

 

幹事に送れば良いわけですから、これは便利だと思います。

 

デメリットと言えば、わざわざスマホアプリを起動しないといけないことでしょうか…

 

特にLINEペイはコードを表示させる際にその都度パスワードを入れないといけないのでこれが意外に面倒です。

 

慣れた今では、コンビニの列に並んでる最中やレジに行く前にパスワードを入力してから行っています。

 

私はコンビニでは元々、クレジットカードについているIDという非接触型の電子マネーを使っているので…

 

タッチすれば良いだけのIDからするとかなり面倒に感じました。

 

それでも、利用するのはキャンペーンがあるからです。コンビニの商品全品20パーセント引きのようなものですから…

 

コンビニを使う人は、使わない手はないと思います。

 

もう一つデメリットは銀行口座を登録してチャージをする手間があることですね。

 

IDは前述の通りクレジットカードの決済になるので、限度額に到達していない限りはそのまま利用できますが…

 

残高の不足を補うのにわざわざチャージをしないといけないところが不便ですね。

 

ちなみに、ペイペイはクレジットカードを紐づけるサービスも行っています。

 

楽天ペイは楽天市場ユーザーや楽天カードを使っている人ならポイント還元の面で有利な感じがします。

 

それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶと良いかもしれません。

 

ではお大事にどうぞ