鍼灸整骨院あおてあ 八潮市で交通事故施術、自律神経疾患、耳鳴り、不眠症、頭痛、めまい、肩こり等の施術なら

八潮市にある鍼灸整骨院 つくばエクスプレス八潮駅より徒歩10分、駐車場完備 平日土曜夜9時まで日曜祝日営業 外傷、肩こり、腰痛、むち打ち、交通事故施術、自賠責、労災 平日土曜9:00~12:00,15:30~21:00 日祝9:00~12:00,14:00~18:00 火曜休業


テーマ: 交通事故診療

今日は天気でしたね~

 

さて、先日交通事故の被害にあった患者様からタイトルのとおり

 

「整骨院に行くなら病院の先生に聞いてから言ってくれと言われたが、忙しくて病院に行く時間がないのでどうしたらいいか」

 

という質問がありました。

 

jikosha

 

ワタクシは「必ずしも病院に行かなければいけないという事はありませんが、後々の後遺症が残った場合やご自身の身体の為にも仕事を休めるのなら行っておくべき」という事を伝えました。

 

いざ、時間が経っても回復が見込まれない状態後遺症が残った場合に、後遺症を申請する際に定期的にドクターに診てもらっていないと不利になること。

 

もう一つは、整骨院にはレントゲン、CT、MRI等の診断機器が無い為、ドクターに診断してもらっておいた方が安心という患者様のメリットがあります。

 

保険会社の立場では、治療の一貫性のチェックの為だと考えられます。

 

例えば良くあるのが、病院では首と腰の受傷という診断だったのに対し、整骨院、接骨院では3部位4部位の請求が行われていたというケースがあります。

 

こういう事を避ける為にも必要なことなんですね~

 

保険会社さんも嫌がらせで言っている訳ではないので、ワタクシも患者様の身体の為にも併行受診をオススメします。

 

そのため、半月や一ヶ月経ってから最初の受診部位と違う場所に痛みを訴えても、その事故との因果関係が認められない事もありますので、初診でかかる際は痛みがある部位はしっかりドクターに伝えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ: 交通事故診療

あっという間に9月ですね~

 

あともう四ヶ月で今年も終わりです。早くも年末年始の予定をたて始めているワタクシです。

 

今年の夏は後半雨続きでうんざりするような天気が続きましたが…

 

シルバーウィークもある秋は天気に恵まれるといいですね~※ちなみに当院はシルバーウィークも休まず診療致します!

 

さてそんな行楽に行く機会が多い秋ですが…最近はペットを連れて行く方も多いそうです。

 

ペット可の宿泊施設も増えましたね~ ペットというよりもはや家族という感じですね

 

そこで…ペットを搭乗させている時に交通事故にあった場合、ペットの治療費はどうなるのか?調べて見ると…

 

加害者がいる事故の場合は、相手方の対物賠償保険からそのペットの時価額相当の動物病院の治療費が支払われます。

 

また、死亡した場合はそのペットの時価を限度として保険金が支払われます。

 

いくら家族同然と主張しても、ここでは物として扱われ対人賠償の様に慰謝料はでないというのが基本ですが…

 

昨今のペットブームからペットが亡くなった時の飼い主の精神的苦痛等を考慮し、相応の慰謝料が認められた事例もでてきており

 

一概には言えない状態です。

 

但し、犬用のシートベルトをしていなかったということで過失相殺により慰謝料を減額されるパターンもあるようです。

 

搭乗中でなく轢かれてしまった場合も物損扱いとして補償を受けられるそうですが、急な飛び出しや放し飼いによるものでは飼い主の管理者責任が問われ過失相殺により減額もしくは補償が受けられないという場合もあります。

 

inu

 

 

そんな中、今は相手からだけではなく、自分の保険から補償が受けられる特約もあり。

 

アクサダイレクトとチューリッヒの自動車保険にペットに関する特約があります。

 

それぞれ、性格が異なり…

 

搭乗中にケガをした場合の補償とペットを自宅に置いてきてしまったりペットホテルに預けていた場合の事故により発生したホテル代や延泊費用を補償するものがあるようです。

 

保険会社も様々なニーズに応えられるように商品を開発しているんですね~

 

ペットを搭乗させる事があるドライバーはこのような保険の加入も検討してみてはいかがでしょうか?

 

何はともあれ事故に遭わない事が一番なので、安全運転でお出かけください~