鍼灸整骨院あおてあ 八潮市で交通事故施術、自律神経疾患、耳鳴り、不眠症、頭痛、めまい、肩こり等の施術なら

八潮市にある鍼灸整骨院 つくばエクスプレス八潮駅より徒歩10分、駐車場完備 平日土曜夜9時まで日曜祝日営業 外傷、肩こり、腰痛、むち打ち、交通事故施術、自賠責、労災 平日土曜9:00~12:00,15:30~21:00 日祝9:00~12:00,14:00~18:00 火曜休業


テーマ: 交通事故診療

鍼灸整骨院あおてあの受付時間等はこちら

 

任意保険に入っていない人って案外多いんです。

 

まともな人なら信じられないかもしれませんが、そこら中を走っています。

 

こういう車に追突や衝突されると大変です。

 

治療費は自賠責保険の基準額しか認められず…

自賠責保険を超えるほどの大けがや、自分の自動車の修理代等は相手から現金でもらうことになるので

弁護士さんにお願いしたり被害者なのに大変なことになります

相手が経済的に困窮している場合は泣き寝入りになってしまうことも多いのです。

 

今回のケースは軽微なケガで、事故にあった方

 

相手方は現金数十万円で示談したいと申し出てきます、被害者は車の修理代と思い現金を目の前にしろくに確認せずに示談書にサインしてしまいます。

 

keiyaku_contract

示談書にサインする場合は文面を確認しなければいけないのです。

 

その方は軽微とはいえケガをしているので病院と整骨院に通院するつもりでした…ですが…

 

示談書には治療費を含めた修理代、後遺障害等一切を請求しないものとするという一文があったのです。

 

これでは、自賠責保険を使っての治療もできなくなってしまいます。

 

現金を目の前にして舞い上がってしまったのでしょう…

 

サインしてハンコを押してしまうとそれ以上は何もできません。

 

加害者側からすると、自分が起こした事故で他人様をケガさせたとはいえ、安くはないお金を払ったことによって全てを終わらせたいのですから悪気はなかったのだと思います。

 

あわてて気づいた被害者、加害者に電話するとまともにとりあってくれません、裁判でもなんでもしてくれと言っています。

 

心情的には否がないのにケガをさせられた方が最低限の自賠責保険を使っての治療もできなくなってしまうというのはかわいそうではありますが。

 

本人がもう治療費もいりませんという書面にサインしてしまったあとではどうすることもできません。

 

この方はどうするべきだったのか…

 

その文面を読んだときに、『自賠責保険を超えての治療費の請求はしない』もしくは『自賠責保険を利用しての治療に関しては認める』等の修正や加筆は必要だったのではと思います。

 

一番良いのは、自分の自動車保険に弁護士費用特約をつけておけば自分でお金を払わずにプロに任せればよかったのです。

 

腹立たしい話ですが、無保険車事故特約などで自衛するしかないのが今の現状です。

 

ワタクシは車に乗る場合は現金で賠償できるよほどのお金持ちか、大手運送会社のように支払能力がある会社以外は、任意保険に強制加入させるべきだと思うのですが…

 

それか、払えない場合は国の強制労働させるなりして被害者を守るべきだと思います。

 

まあこの事故のケースで救われる部分は被害者は軽微なケガだったってことですかね…

 

それで自分を納得させるしかないと思います。

 

私はよくわかりませんが民事裁判でやり合えば可能性はゼロではないかのもしれませんが、費用も時間もかかりますし現実的ではないかなと思います。

 

くれぐれも自分で示談される場合はしっかり文章を読んで納得の上、サイン押印しましょう。