鍼灸整骨院あおてあ 八潮市交通事故診療に詳しい整骨院

八潮市伊勢野にある鍼灸整骨院 つくばエクスプレス八潮駅より徒歩10分、駐車場完備 平日土曜夜9時まで日曜祝日診療 外傷、肩こり、腰痛、むち打ち、交通事故治療、自賠責、労災 平日土曜9:00~12:00,15:30~21:00 日祝9:00~12:00,14:00~18:00 火曜休診


テーマ: スポーツ, トレーニング, 体のこと

営業時間、メニュー等はこちら

お盆の営業案内
11日金曜日山の日 通常営業 18時まで
12日土曜日 18時までの短縮営業
13日日曜日 通常営業 18時まで
14日月曜日 臨時休業
15日火曜日 休業
16日水曜日~通常営業 21時まで

さて、先日ネットでこんな記事をみつけました。

 

「柔よく剛を制す」という言葉は、多くの分野に浸透しています。日本人は、小兵が大柄 – Yahoo!ニュース(VICTORY)

まさにこの記事の通りです。

ラグビーや柔道等で結果をだしているチームや選手は、ウェイトトレーニングをしているのが当たり前になりました。

ウェイトトレーニングを排除し柔道で必要な筋力は柔道でつけるとロンドン五輪で惨敗した柔道でしたが、リオで井上康生監督率いる日本柔道チームは大躍進を遂げました。

ロンドンの時は昔とは競技レベル、選手たちの身体能力も変わっていたのにも関わらず、昔ながらの指導法で挑んでしまったというのがミスでしょう。

やはり、スポーツに関して最先端の研究を行う東海大出身の井上監督だからこそリオの結果がでたのだと思います。

柔で剛に勝てる時代もあったのでしょうが、剛がないと柔も生きないということなのでしょうね。

私、サッカーはウェイトトレーニングをやらないのかずっと疑問でした。※身近にトップレベルでサッカーをしていた人間がいないため

この記事を読んで納得、欧州の選手は15歳からウェイトトレーニングをするそうです。

クリスチアーノロナウドなんてムキムキですもんね、サッカー選手ながらベンチプレス100キロを1セットで10回挙げるトレーニングをメニューに入れてます。

サッカーなんて相手と体をぶつける機会が多いので、下半身に加え上半身も強くないと戦えないですよね~

あとはバスケットボールなんかもそうですNBAの選手の肩の三角筋なんてパワーリフターのようです。

あれだけ狭いコートでボールを取り合うわけですから、筋力が必要ないわけないのです。

記事では、日本人がウェイトトレーニングを嫌う理由に

①スピードが落ちるから説 ②体が硬くなる説 ③ケガしやすくする説を挙げておりますが、スポーツ強豪校にいた私はこれに加えると…

「競技が下手な人間がウェイトにはまりやすい、逆に上手い人間はセンスだけでプレーをしてしまうため、真剣にトレーニングをしない」

というのがあります。

ウェイトトレーニングの動きは単純なので、失礼ですが運動センスがない人間でもできてしまうのです。

やればやるほど、数値になって表れるので今まで競技で結果を出せなかった人間がトレーニングに目覚めてしまうという事が往々にしてあるのです。

まあそれはそれで、良いことなのですが…

チームの中では、その競技が上手い人間がイニシアチブを握りますので

あいつはウェイトだけという、イメージがつき本当にやるべきレギュラーメンバー、準レギュラーメンバーが真剣にトレーニングをしなくなるのです。

もう一つは、「落ち目の一流選手がウェイトトレーニングを始める」というのがあります。

これにはいくつか理由があります、そもそも落ち目なわけですからそのタイミングでウェイトを始めるので周囲からは「ウェイトをやってダメになった」と見られやすいのです。

あとは10年以上前の選手たちを見ていると… ウェイトをして体が大きくなったと言っていますが、明らかに脂肪が増えて太っている選手が多かったです。これではスピードも落ちるのは当たり前で、重量が重いのでケガもしやすくなります。

本来ならば筋量が増えるとスピードが上がるはずなのです、その証拠に私は中学校時代取り立てて足が速い選手ではありませんでしたが、高校でウェイトを始めた事により、一部のバックスの選手よりも足が速くなり、今でも短距離は早い方です。

あとは、薬物の使用もあります。ステロイド等でドーピングをすると急激に筋力が上がりますがその反面、自家筋力で肉離れ等故障のリスクも増えます。今ほどドーピングチェックに厳しくない時代の選手達のイメージがいまだに人々の脳裏に残っていると思われます。

その環境で、育った選手たちが現在指導者になっているので新しいことを取り入れられない指導者はその頃の指導をしてしまうのだと思います。

あと私の感覚ではこういう事を言っている人たちは、高いレベルで競技をやったことがない人が多いです。

しかし、ウェイトトレーニングの重要性が浸透してきたのが国民的スポーツの野球です。

近年では高校の強豪校では飯トレといって、練習前におにぎりを食べてウェイトをして体を大きくするという学校が多くなりました。

今の選手は本当に良い体をしています。

私の後輩が小学生のころからトレーニングを見ている選手も今夏の甲子園にエースとして出場しました。

聞くと、ベンチプレス、デッドリフト、スクワットのビッグ3しかやっていないそうです。

もちろん、良い選手になるためにはその競技のセンスをもって沢山競技の練習をしなければならないというのは変わりませんが…

体づくりも昔の部活のイメージの補強としてではなく、その一部として真剣に取り組まなくてはいけないのだと思います。

かつては、競技の練習をひたすらやれば結果がでていましたがそれだけでは勝てない時代になっているんですね。

そう考えると、帝京高校野球部は昔から3合飯といって一食に3合ごはんを食べてトレーニングをしていたのですから最先端をいっていたんですね…

当院ではトレーニングのご相談も承ります。

ではお大事にどうぞ

 

 


テーマ: トレーニング, 体のこと

当院のHPはこちら

 

最近、流行りの加圧シャツのお話です。

 

加圧シャツとはピチピチのシャツを着ることにより、着ているだけで腹筋300回の効果があり痩せるというものです。

 

結論から言うと、まあ好きなら着たらいいと思いますとしか言えません。

 

あと、私は着ません(笑)

 

まず、腹筋300回分の効果ということですが根拠が乏しいです。

 

タイトなシャツを着るだけでそれだけの効果が望めるとは思えません。

 

そもそも、トレーニング効果がある加圧というのは上腕又は大腿をベルトで縛り静脈の流れを制限しながらトレーニングを行い、脳を錯覚させ成長ホルモンの分泌を促すというトレーニング方法です。

 

サトウスポーツプラザという会社が特許を取っていましたが、現在は特許が切れて安いベルトも販売するようになりました。

※私は10年ほど前にベルトを4万5千円で購入、指導も受けました。

 

しかも、加圧時間は最大腕で5分、大腿で15分と言われており、サトウスポーツプラザが販売している加圧ウェアも腕で10分大腿で20分まで、それ以上の加圧は危険だそうです。

 

これらのことから、巷で出回っている加圧シャツは静脈を止めるほどの圧がかかるわけではないのでトレーニング効果に乏しい、また、それだけの圧がかかっていたとしたら一日着ていられません(笑)

 

加圧トレーニングを一度でも経験したことがある方なら、疑問に思うはずです。

 

上記のことから、私は加圧シャツの着用はおススメしていません、ですが…

 

ワタクシの周りにも、加圧シャツを着て痩せたという人が何人かいるのも事実。

 

おそらく、加圧シャツを着ていることにより食事を気を付けるようになったり、運動を心掛けたりするようになる戒めのような効果があるのではと思います。

 

プラシーボ効果のようなものですね。

 

あくまでも、ダイエット、減量をするために加圧シャツだけではなく減量用の食事、運動に加えて着用し精神的に前向きになるための物とするならば意味がないとは言えないのです。

 

後は可能性は少ないのですが、これを着ていて痩せるというエビデンス(医学的根拠)が見つかる可能性もゼロではないので今後変わってくるかもしれません…

 

その可能性は低いと思いますので、現時点では効果は薄いと言わざるを得ません。

 

まあ、興味がある人は着てみたらよいと思います。

 

ただし、治療を受けるときは着てこないでください(涙)

 

手技の際に滑るし、シャツをまくるのも大変で、脱いでくださいというと嫌がられるという治療家泣かせのシャツです。

 

年配の女性がつけている矯正下着くらいテンション下がります(笑)

 

あれは腰を出せないので、あれを着てきて腰の治療をしてほしいという人はほんと困ります。

 

他部位の治療ならいいんですけどね

 

ではお大事にどうぞ

 

 

 

 

 

 


テーマ: スポーツ, トレーニング

当院の診療情報はこちら

 

夏の高校総体の予選のニュース、高校総体サッカー埼玉予選のベスト4の顔ぶれを見てびっくり

 

昌平高校、西武台高校は強豪ですが…浦和西、浦和学院と我々世代にはなじみがない名前が…

 

浦和学院は野球やハンドボール等が有名ですがサッカーのイメージはありませんでした、

 

浦和は東、南は強いイメージがありましたが西のサッカーが強いのは知りませんでした。

 

どうやら古豪みたいですね

 

埼玉はサッカーをやっていた埼玉大学教育学部の学生達が教師になり、浦和を中心にサッカーを広めたので浦和の公立中高は伝統的にサッカーが強いんですね。

※さいたま市役所の石碑に書いてありました

 

暑い中の試合になるので熱中症に気をつけてがんばってもらいたいものです。

 

ちなみに、野球は高体連には所属しておらず高野連という独自の団体なのでインターハイの種目にはないそうです。

 

ラグビーは夏やれるスポーツではないので花園で行われる冬の全国高校ラグビーがインターハイになるそうです。

 

競技によっても色々なんですね

 

ではお大事にどうぞ

 

 

 


テーマ: スポーツ, トレーニング, 体のこと

当院のサイトはこちら

 

今年は空梅雨なんでしょうか?雨が少ないのは良いですが、夏場に水不足は避けたいものです。

 

さて、気になるニュースが…

 

カフェイン中毒、5年で100人救急搬送 死亡3人
日本中毒学会調査

 

ここ十年ほどで従来のリポビタンDなどの栄養ドリンク、オロナミンCなどの瓶入りの炭酸飲料とは一線を隔す海外メーカーのエナジードリンクも日本ではだいぶ定着してきました。

 

時間が不規則な現代の日本人に受け入れられ、コンビニでもおいてあるのが普通になりました。

 

5182_150_424_80

 

 

 

しかし、徹夜をしなければいけない場合に何本も飲んだり加えて眠気防止薬を同時に服用するなど

 

めちゃくちゃな摂取方法をしてしまう方も少なくないようです…

 

いつも思うのですが、こういう類の問題は提供している側の問題ではなく使う側に問題があるのだと思います。

 

一日に何本も飲むものではありませんし、私も好きですが数か月に一回ほどしか飲みません。

 

エナジードリンクにせよ、お酒、たばこ、ギャンブル等依存性があるものは使う側やる側のセンスがないとこういった問題が起こるのだと思います。

 

そもそもレッドブル一本に入っているカフェインは80mgとお茶やコーヒーと変わらないんですね…

 

記事では成人男性のカフェイン許容量は0.4g(400mg)と言われており、大量に飲まない限りは安全なんですね。

 

カフェインは覚醒作用、脂肪燃焼作用があるのでトレーニング前に摂取したりもします。

 

上手に使えば大変便利なものなので、安全に使いたいものです。

 

日本の良い部分でもあり、悪い部分でもあるのですがこういう事件があると規制してしまったりしがちですが…

 

規制一辺倒ではなく消費者にちゃんと考えさせるという事をしても良いと思います。

 

ではお大事にどうぞ


テーマ: スポーツ, トレーニング, 地元

鍼灸整骨院あおてあ公式ページはこちら

 

五月も下旬に入りました、今週末27日の土曜日は市内の小学校が運動会だそうです。

 

さて、先日北公園で行われた商工会青年部の野球の練習に参加してきました。

 

KIMG0640

 

 

野球の練習は前職の会社で数回参加したことがありました

 

中野の哲学堂公園や四谷の外濠公園で早朝からやっていたのを思い出しました。

 

ワタクシは野球経験と呼べるものが小6の数か月しかなかったためほぼ素人です。

 

スパイクとグローブをこのために購入

 

KIMG0639

 

主に外野を守りましたが、フライがなかなか取れませんでした。

 

やはり子供の頃、しっかりやっていた人は違いますね。

 

うまくプレーはできませんでしたが、芝生の上をたくさん走ることができ満足。

 

柔らかい芝生の上を走ると私のように体重があっても膝や腰に負担がかかりにくいのです。

 

昨今はプロ野球の球場では硬い人工芝が主流なので選手は大変だなあと思います。

 

詳しい人間に聞くと、プロ野球のホームグラウンドで天然芝は甲子園、広島、仙台くらいではないかと言っていました。

 

確かに天然芝の管理は大変なんですよね…人工芝は見栄えがいいですし。

 

何はともあれ、減量にはもってこいなのでできるだけ参加しようと思います。

 

また、八潮市商工会青年部では部員を募集しております。

 

八潮市で自営業をしている40歳までので野球をして地域の経営者と交流をしたり、各種勉強会に参加したい方、主に平日夜に練習をしているので是非商工会青年部の事務局に連絡の上見学にきてください。

 

八潮市商工会青年部のホームページはこちら

 

八潮市商工会青年部のフェイスブックはこちら

 

ではお大事にどうぞ


テーマ: スポーツ, トレーニング

当院の情報はこちら

 

不安定な天気が続きますね~

 

先日、ジムにプロテインを持っていくのを忘れてしまったのでコチラを購入

 

DSC_0017

 

国産の雄ザバスのミルクプロテインとウィダーのプロテインバーです。

 

日本のスポーツサプリメントの草分け的存在の二社…近年は一流スポーツ選手をスポンサーしているDNSに押されておりましたが

 

ザバスは最近、日本プロ野球界の至宝大谷翔平選手をCM起用し盛り返してる印象※あくまでも私の個人的な印象です。

 

因みに、ザバスは明治乳業、ウイダーは森永製菓

 

ザバスミルクはタンパク質含有量15グラム、ウイダーのプロテインバーは10グラム計25グラムと

 

私の体重からすると足りませんが、急場をしのぐには便利です。

 

一般的な体重な方なら十分だと思います。

 

しかも味がおいしい!ザバスミルクは爽やかな飲み口、プロテインバーはもはやお菓子です。さすが製菓メーカー!

 

ジムで売ってるプロテインドリンクはドロドロして飲みにくいのでこれはすごいです。※タンパク質30グラム入っているので仕方ないんですけどね(汗)

 

また、プロテインに限らず、BCAA等サプリメントは含有量が大事です。

 

中にはミリグラム単位で表示している、商品もあるので注意!!

 

1グラム=1000ミリグラムですので、真剣にトレーニングをしている方は覚えておいた方がよいかもしれません。

 

かつてアメリカに滞在したときに、コンビニでサプリメントが普通に陳列されているのを見て驚きましたが

 

日本もトレーニングや体づくりに対する意識が上がってきたんですね~

 

普段使いには私には高いですが、こういう便利なものを利用して頑張ってトレーニングをしましょう~

 

ではお大事にどうぞ

 

 


テーマ: スポーツ, トレーニング

当院の診療時間等はこちら

 

4月22日土曜日は16時で診療終了させていただきます

当院はゴールデンウィークも通常通り診療しております!

 

さて、久々のトレーニングネタ

 

先日、草野球をプレーしている知人に『HMB飲むだけでパフォーマンスが上がるとネットで見たので試そうとしてるんですがどうですか?プロテインの数十倍の効果があるって書いてありました。』と質問をうけました。

 

確かにHMBいいみたいですね~

 

HMBは良いみたいですが、プロテインの数十倍の効果にはなり得ません。

 

そもそも、HMBとはなんなのか???

 

HMBとはロイシンというアミノ酸の中間代謝物で、筋肉の増量・分解抑制に効果があるとのこと…

 

ロイシンと聞いてピンとくる方もいると思います、BCAAに含まれるアミノ酸の一つです。

 

とても良いサプリメントですが…

 

前述の方のように定期的にトレーニング、野球の練習をやっていない方がとったところで効果は薄いと思います。

 

効果が上がると思われる方は、十分なトレーニング、練習量があり、しっかり食事をとっており、更にプロテイン、マルチビタミン等基本的なサプリメントを摂取している方※ロイシンと聞いてピンとくるかた(笑)だと思います。

 

摂取する場合は、クレアチンと一緒に、採ると良いみたいです。

 

その方には、このことを説明した上で接種を勧めました。

 

何故なら、草野球しかやらずに今まで通りの食事をし、HMBを摂取したらどうなるのか…私が個人的に興味があるからです(笑)

 

やってくれないかなぁ…たぶんやらないだろうなぁ

 

ちなみに、これだけ良いサプリメントを何故私が採らないのかといいますと…

 

今現在目標がないからです。

 

特に競技をやっているわけでもないので、トレーニング量も少なくなりました。

 

以前はベンチプレス160キロを目標に取り組んでおりました。その頃はクレアチンやアルギニン、BCAA等様々なサプリを使って取り組んでいましたが…

 

目標を達成し、年齢的にも40を迎え自分でコントロールできる重量でトレーニングをするようになった為です。

 

どんな競技も高いレベルでやるとけがをしますので…

 

そのころだったら摂取してただろうなぁと思います。実際クレアチンを足しただけでもかなりの力がでたので。

 

もちろん、夏子供とプールに行ったときに真っ白でおなかがポッコリでてるパパはカッコ悪いと思いますので

 

トレーニングは止めないですし、基本的なサプリ摂取はしております。

 

トレーニングのことなら基本的な事はお答えできると思いますので、ご相談ください。

 

ではお大事にどうぞ

 

 

 

 

 

 


テーマ: スポーツ, トレーニング, 体のこと

当院のホームページはこちら

 

先日大変残念なニュースが入ってきました。

 

大会で入賞経験があるボディビルダーが、交際している女性の息子二人に日常的に暴力をふるっていた為逮捕されたとのこと…

 

ひどいですね~

 

そこで、知人にこういう質問をうけました。

 

「筋トレをすると暴力的になるのか??」

 

こういう誤解がでても仕方ないと思いますが…断じて言いますが筋トレが悪いわけではないです。

 

一般の方の中の数人が犯罪者になるのと同じように、これだけトレーニング人口が多ければいろんな人がいます。

 

ジムやスポーツクラブに行くと、少しおかしい人が何人かいるのは仕方ないと思います。

 

ただ、写真でこの男をみて思うのは、目つきが異常であることと体つきがナチュラルではないところ…

 

本人の画像はコチラ

 

あくまでもワタクシの想像ですが…

 

この人ドーピングをしていたのではないかと…

 

ドーピングとは注射や錠剤でホルモン等を摂取し、筋肉の成長、回復を早め、高強度でトレーニングができるようにするものです。

 

メジャースポーツではドーピングチェックもありますが…

 

こういうマイナースポーツの場合は協会がドーピングフリー(ドーピング禁止)を謳っていてもチェックがいきとどいてないのが現状なのです。

 

なぜなら、ドーピングチェックはコストがとても掛かるから何だとか、一回二万円ほどだそうです。

 

ステロイドなどドーピングをすると筋肉を成長させることができますが…デメリットも沢山あります。

 

ホルモンバランスが崩れ男性ならば乳房がでてきてしまう女性化乳房や、女性ならばヒゲが生えてきてしまったり(陸上のジョイナーなんかもそうでした)します。

 

また、精神的にも鬱状態になってしまったり逆にロイドレイジといって怒りっぽくなったりもします。

 

ドーピングチェックが緩いアメリカのプロスポーツ、メジャーリーグ、NFL、NBAの選手があれだけのお金を手にしながら些細なことで暴力事件を起こしてしまう選手が少なくないというのはドーピングが原因とも言われています。

 

沖縄を始めとする各地で米兵が問題を起こすのも薬物が原因なのかもしれません。

 

今回の容疑者もロイドレイジではないかと、業界に詳しい知人に聞いたところ彼の所属団体は表向きはドーピングフリーを謳っているがユーザー(ドーピングをしている人)も多いとのウワサがあるそうで…

 

また、一般の方はそんな簡単に薬物が手に入るのか疑問をもちますが…検索すれば個人輸入や通販サイトなどで簡単に入手できるのです。

詳しい方によると摂取法やケア剤を使用すれば問題ないとの見方もありますが…

 

薬理学の知識も要りますし、ドーピングすると内臓等を守る為のケア剤も摂取しなければならないため、皆お金が続かなくなり身を滅ぼしていってしまう人がほとんどだそうです。

 

ワタクシは薬物使用は絶対オススメしません。

 

そんな不自然な身体で健康を失ってまで筋肉をつけても良い事などほとんどありませんし、こうやって他人に害を与えてしまう可能性もあるわけですから。

 

スポーツは競技のレベルが上がるほど身体に負担がかかるものですが、薬物によって負担をかけてしまうというのはそれとは別問題です。

 

 

身体作りはしっかり食事して、安全なサプリメントを摂取して行いましょう~

 

トレーニングやサプリメントの相談は来院していただければできますので是非

 

ではお大事にどうぞ

 

 

 

 

 

 

 


テーマ: スポーツ, トレーニング

当院の診療時間はこちら

 

あっという間に二月です…最近ブログの更新をサボってしまい申し訳ありません。

 

さて…

 

プロ野球のチームもキャンプインしました、3月末に始まるペナントレースに向けてレギュラー争いが始まるわけです。

 

ですが…選手達はキャンプから練習を開始しているわけではありませんよね…

 

秋には秋季キャンプがあったり、自分でウェイトトレーニングに取り組んだり…正月明けたら早々に一流選手達はグアムなど暖かいところで自主トレを始めるわけです。

 

3月末の開幕に向け、約半年前から準備が始まっているわけです。

 

仕事だから当たり前という見方もありますが、屈強な身体を有しているプロ野球選手でもこれだけの準備をするのに…

 

趣味で野球をやっている方々はシーズン前にちょっと練習して(中には全く練習せずにシーズンに入る人もいる)試合に臨むわけです。

KIMG0364

 

楽しむためにやってるから~勝ち負けではないから~という声も聞きます。

 

確かにそれは否定しません、ですが準備不足の為に身体に痛みがでてしまっては楽しむことなんてできませんよね?

 

八潮は野球をやっている方が多く、当院でも少年野球から本気でプレーしている中、高校、大学生、趣味でやっているおじさん達まで治療に訪れますが…

 

趣味でやっているおじさん達は準備不足の為に痛みを抱えている人がとても多いです。

 

第三者的な目線でみると、ロクに準備もしないでいきなり全力投球したら肩も壊しますし、弱い下半身でバッティング、守備をしたらどこか痛めやすいというのは避けられないと思います。

 

仮に学生時代は硬式野球でバリバリやっていた経験があっても、普段練習していなければケガのリスクはありますのでしっかり準備しましょう。

 

筋肉は二週間使わなければ廃用性萎縮といって、小さくなってしまいますので…

 

ワタクシ野球は素人ですが、野球の為のトレーニングは指導できますのでご相談ください。

 

 

 

 

 


テーマ: トレーニング, 体のこと

当院の営業時間はこちら

 

寒いですね~ 冬だから仕方がないのですが…

 

最近多いのが急性腰痛、俗に言うぎっくり腰です。

 

寒さで筋肉が硬くなっているのもあると思いますが…

 

八潮の人は股関節周りの筋肉が少ない方が多いので、上体を支えきれていない人が多い印象があります。

 

何故八潮の人は筋肉がないのかといいますと…

 

車生活の人が多いので、歩かないんですね。

 

都内に電車通勤をしている方なんかは、意外にも股関節、足回りの筋肉がしっかりしていることが多いです。

 

あとは、お子さんがいる女性に腰痛持ちが多いですね。

 

筋肉が無い上に、お子さんを抱っこしたり持ち上げる事が多いので、身体が耐えきれずに悲鳴をあげるという訳です…

 

そういう方にはスクワットを指導することにしています。

 

大抵の方は、スクワットのフォームがとれていません。

 

そこで、正しいフォームを教えることにより筋力をつけるのと同時に、腰を痛めない子供の持ち上げ方まで覚えることができるので一石二鳥なんですね~

 

センスがある方はすぐにできるようになりますが、次に来院した時にはフォームが崩れているので(笑)

 

再チェックします。

 

腰痛にお悩みの方はご相談ください。

 

ではお大事にどうぞ~

 

スクワットたび

 

ワタクシもやっています。